Home 社会BLM アイス・キューブ、米国人を分断するために人種が利用されているとタッカーの番組で主張

アイス・キューブ、米国人を分断するために人種が利用されているとタッカーの番組で主張

by Jack World News

タッカー・カールソンは水曜日、”Tucker on Twitter “の最新エピソードで、象徴的なラッパーで俳優のアイス・キューブとの綿密な対話を続けた。

アイス・キューブは本名をオシェア・ジャクソンといい、主流派の意見、特にコビッド19ワクチンに異議を唱える “独立した思想家 “であることを理由に、オプラ・ウィンフリーや『ザ・ビュー』の共同司会者たちからブラックボックス化された経験について長々と語った。ジャクソンは、メディア関係者が異なる意見を持つゲストと礼儀正しい議論をすることは、全能のドルに反すると述べた。

“多くの人々が、人種同士が争い、いがみ合うことで大金を稼ぎ、私たちが別々であることを常に押し付けてくる。まるで駄作映画の中にはまり込んでしまい、抜け出すことができず、出口が見つからず、スクリーンに映し出され続けているようだ……それが私たちが巻き込まれていることであり、人種と肌の色の終わりのない勝ち目のない戦いであり、私たちはあなたがどこの出身かを心配しているのだ」とキューブは言った。

初期のヒップホップには、ラキムの造語だと思うが、”It ain’t where you’re from, it’s where you at “という言葉があった。

カールソンから、人種の違いが1986年よりも “押しつけ “られていると考えるのはクレイジーかと尋ねられ、キューブは同意した。

「1986年には映画やテレビがあり、それはすべて台本があり、私たちはこれが台本で作られたショーだと知っていた。でも今は、いわゆるリアリティ番組がたくさんあって、基本的には同じことを現実に近い設定でやっている。人種や地位、この国での自分の居場所や居場所を強調し、拡大解釈している。ここでは悪者を強調し、善人を強調している。常に物議を醸し出し、人々を対立させているんだ」とキューブ。

「論争が売れるから、人々が仲良くしているところを見せないんだ。彼らは喧嘩や対立、ビンを投げることや意見の相違を見せたいんだ」。

インタビューの別の場面で、キューブはトランプ政権と話をしたいと申し出たことで排斥されたことについて語った。カールソンからバイデン政権と話をしたかどうか尋ねられたラッパーは、「彼の体温を測る」ことを意図した電話で、初期に低レベルのスタッフと会話をしたが、その電話はどこにも行かず、そのスタッフはその後政権を去ったと語った。キューブは今年初め、ブラック・アメリカンが次の選挙で民主党を見捨てることを検討するよう示唆し、話題となった。

インタビューの全文はこちら:

引用:Trending Politics

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00