Home 生活趣味 犬と名乗る日本人男性、1万6千ドルかけた変身後、初めて公共の場を散歩

犬と名乗る日本人男性、1万6千ドルかけた変身後、初めて公共の場を散歩

by Jack World News

犬の分身 “Toco”を名乗る日本人男性が、16,000ドルをかけてラフ・コリーに変身して以来、初めて公の場を散歩した。

トコの公の場での姿は、金曜日に彼のYouTubeチャンネルで共有されたビデオに収められた。このビデオは昨年、ドイツのテレビ局RTLのインタビュー中に撮影されたものだ。

5分間のビデオでは、トコが犬と同じように歩き回り、人々と交流し、他のイヌとつながる様子が紹介されている。

「私の名前はトコ。動物になりたくてコリーになりました」とトコはビデオの説明文に書き、「このビデオは昨年、ドイツのテレビ局RTLのインタビューを受けた時に撮影されました。ありがたいことに、ビデオの使用許可をいただいたので公開します!インタビュー当日、彼らはとても親切にしてくれた。」

Nextsharkより

トコは昨年、モデル・彫刻会社のZeppetにコスチュームの制作を依頼し、世界的に有名になった。制作費は200万円、当時で約15,700ドルだった。

それ以来、トコは自身のYouTubeチャンネルでその旅を記録しており、現在チャンネル登録者数は約31,000人に達している。彼のビデオのほとんどは室内で撮影されており、最新のビデオは特別なものとなっている。

ファンはトコが自分の夢を生きていることを祝福しているが、この匿名のイヌは、特に同僚には自分の正体がバレないように苦心している。「自分の趣味を知られたくない。特に一緒に働いている人たちには」と彼は昨年デイリー・メール紙に語っている。

友人たちに対しても、トコは慎重な態度を崩さない。変な人だと思われるのが怖くて、友達にはほとんど話さない」と彼は12月に『Mirror』紙に語っている。

以下はネット上のコメントの一部である:

引用:Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00