Home 政治バイデン犯罪一家 ハンター・バイデン氏、2024年選挙キャンペーン中のいかがわしい行動に対する共和党の攻撃に反撃する予定

ハンター・バイデン氏、2024年選挙キャンペーン中のいかがわしい行動に対する共和党の攻撃に反撃する予定

by Jack World News

バイデン大統領のスキャンダルに見舞われた息子は、彼の行動やビジネス上のつながりに関する共和党の攻撃に “反撃 “する用意があるとの報道。

ハンター・バイデンは、ウクライナや中国でのビジネス関係や薬物中毒の問題で何年も論争の的となってきた。

今週、2つの軽犯罪の税金と銃の容疑に関する司法取引が連邦裁判所で劇的に破棄され、彼は再びスポットライトを浴びることになった。

バイデン大統領にとっての、生存している唯一の息子は、これまで共和党の攻撃に公の場で対処することを避けてきたが、来年の大統領選挙を控え、「今回は反撃に出る」構えを見せていると、情報筋はウォール・ストリート・ジャーナル紙に語った。

ジル・バイデン氏の元側近マイケル・ラローザ氏はジャーナル紙に対し、「彼は、中傷や攻撃、そして特定の共和党員からの嘘を、ガラスの家の中で黙って受け止めるつもりはない」と語った。

「今回は、より率直なハンター・バイデン氏の反撃を、いずれ見聞きすることになるだろう」と彼は付け加えた。

いずれにせよ、ホワイトハウスに近い人々は、ハンター氏の性格や行動に対する攻撃は、彼の父親の民主党支持率や無党派層の支持率にはほとんど影響しないことを示唆している。

ホワイトハウスの側近や盟友たちは、共和党によるハンター氏への新たな攻撃は懸念していないとジャーナル紙に語っている。

また、世論調査によれば、ハンター氏への否定的なフォーカスは、数ヶ月間40%前後で推移している大統領の支持率にほとんど影響を及ぼしていないという。

最近の選挙データによれば、ハンター氏は無党派層にはほとんど影響を与えず、民主党議員の多くは彼の過去に関する共和党の調査には関心がない。

バイデン氏の再選キャンペーンの共同議長を務めるクリス・クーンズ上院議員は、ジャーナル紙に次のように語った。

彼らは2022年に、特にハンター氏を争点にしようと、もう一度頑張った。『だからぜひ、もう一度やってみよう』と彼は付け加えた。

他の民主党関係者は、バイデン氏の息子に対する揺るぎない支持や、最近のインドのモディ大統領を招いてのホワイトハウスでの晩餐会のような重要な場面で、彼を前面に押し出そうとする姿勢に懸念を示している。

『もし世界が政治コンサルタントに支配されていたら、(バイデン大統領は)彼のようなことはしないと思う。しかし、彼は候補者ではなく父親として行動し、息子への揺るぎない忠誠心を示しているのだ』

大統領は現在、息子が故郷のウィルミントンで連邦判事に出廷した数日後、レホボスのビーチハウスで休暇を過ごしている。

今週はビジネスウィークで、週末が2回ある10日間の旅行である。

それは、衝撃的な1週間の後の休息になるかもしれない。ライバルのドナルド・トランプ氏は共謀と妨害の疑いで追起訴され、バイデン氏の長年の友人である共和党のミッチ・マコーネル上院議員はマイクの前で凍りつき、健康を害した。

バイデン大統領と彼の息子は、家族の悲劇を何度も乗り越え、強い絆で結ばれている。

1972年、バイデン氏の最初の妻と娘は交通事故で亡くなったが、同じ車に乗っていた息子のボー氏とハンター氏は助かった。

その後、ボー氏は2015年に脳腫瘍で亡くなった。

引用:Daily Mail

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00