Home 政治バイデン犯罪一家 アーチャー証言、ジョー・バイデン氏とハンター氏の取引を結びつけるかもしれない文書

アーチャー証言、ジョー・バイデン氏とハンター氏の取引を結びつけるかもしれない文書

by Jack World News

ハンター・バイデン氏の元ビジネス・パートナー、デヴォン・アーチャー氏が月曜日に下院監視委員会で非公開の証言をすることになっている中、ニューヨーク・ポスト紙が、悪名高い “地獄のノートパソコン “を使った海外ビジネス・パートナーとの無数の秘密取引について報じた。

この証言は、ジョー・バイデン大統領に対する弾劾調査の重要な証人としてアーチャー氏を立てる可能性がある。アーチャー氏が、広く予想されているように、ジョー・バイデン氏との電話での直接のやり取りを含む、息子の外国とのビジネス取引と父親を直接結びつけるような証言をするのであれば、この証言は、ジョー・バイデン大統領に対する弾劾調査の重要な証人としてアーチャー氏を立てる可能性がある。

FD-1023文書で明らかにされ、IRSとFBIの内部告発者によって宣誓証言された、既にハンター・バイデン氏のラップトップで発見された外国への影響力の売り込みが広く報道された疑惑に加えて、ラップトップにダウンロードされていない電子メールに添付された数百の文書がまだあり、議会の調査官が確認することができない、とポストは報告した。

ポスト紙によると、アーチャー氏は、入手したハンター・バイデンのノートパソコンの内蔵ドライブから取り出されなかった特定の文書について、提供はしないまでも証言することができる。

シュウェリンはハンター・バイデンの投資会社であるローズモント・セネカのチーフであり、ブリスマのロビー活動会社であるブルースター・ストラテジーズ(BS)の契約書を共有していた。

「添付された契約書はBSによって締結されたものです。」
シュウェリンのEメールにはこう書かれていた。
「デボンが、BSが現在から12月末までの間に取り組んでいる当面の仕事の範囲を伝えたことは知っている」

「我々は、彼らがこれまでに行った会議等についてのダウンロードを期待しており、それをまもなくあなたにお届けする予定です。」

Post紙によると、ハンター・バイデン氏がジョー・バイデン氏を海外のビジネス・パートナーと20数回電話に出したという内部告発者からの指摘がある。

ノートパソコンの中身を調べたコンサルタントのジム・ハンソン氏は『ポスト』紙に、”ハンターがブリスマから実行契約書を通じて金を受け取り、ジョー・バイデンにコネクションを提供した場合、それは外国代理人登録法違反の重罪となるはずだ “と語った。

「具体的には、ブリスマの汚職を捜査していた検事(ヴィクトル・ショーキン)を解任するために、ジョー・バイデン氏がどのような役割を果たしたかについてです。」

「ジョー・バイデンがアーチャー氏とどれくらいの頻度で連絡を取っていたのかも聞くつもりです。アーチャー氏はブリズマの役員であっただけでなく、ハンター・バイデン氏との他の取引にも加わっていた。その取引の目的も知りたい。彼らの目的は何だったのか?」

ハンター・バイデン氏のノートパソコンに添付された電子メールには、デボン・アーチャー氏とは必ずしも関係のない文書もある。Post紙によると、悪名高いWhatsAppメッセージから報告されたように、ジョー・バイデン氏とハンター・バイデン氏が中国のエネルギー会社CEFCからの現金を要求したことを結びつける可能性のあるものも含まれている。

そのメッセージの中でハンター・バイデンは、ジョー・バイデンが自分の息子と “同席 “しているとCEFCの幹部を脅した。

CEFC前会長の葉剣明は行方不明の中国の億万長者で、中国の影響力を世界的に拡大する「ベルト・アンド・ロード」構想の立案者だった。

引用:Newsmax

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00