Home 社会事件・事故・犯罪 料理人の死後初めてマーサズ・ヴィンヤードでゴルフをするオバマ氏とテニスをするミシェル夫人

料理人の死後初めてマーサズ・ヴィンヤードでゴルフをするオバマ氏とテニスをするミシェル夫人

by Jack World News

バラク・オバマ前大統領がリンクスでゴルフをし、ミシェル・オバマ前大統領夫人がマーサズ・ヴィンヤードの所有地近くでテニスをしている写真が、最愛の副料理長の死後初めて公開された。

夫妻は、パーソナル・シェフのタファリ・キャンベル氏の死を悼んでいる。キャンベル氏は、日曜日にオバマ夫妻の夏の別荘近くのエドガータウンのグレートポンドでパドルボードから落ちて溺死するという悲劇に見舞われた。

それ以来、バラク氏(61歳)とミシェル氏(事故当時は家にいなかった)は、のどかな夏のコロニーで毎年恒例の家族夏休みを過ごすため、目立たないようにしている。

元大統領とその妻は、悲しみに対処するため、体を動かしており、自由時間の多くをそれぞれゴルフコースとテニスコートで過ごしている。

水曜日のあの悲劇以来、初めて1200万ドル(約12億円)の敷地から姿を現した2人は、金曜日の朝に再び外出するところを初めて写真に撮られた。

ミッシェル夫人は、シークレットサービスの警備2台とともにオークブラフ近郊にあるファームネックのカントリークラブに到着。

真っ白なテニスドレスに白いキャップ、サングラス姿の2児のママは、コート上で女性の友人から慰めのハグを受ける姿が目撃されている。

彼女のテニスセッションには90分のワークアウトが含まれていた。その合間には、汗で光るオバマがテニスチューブでボールをすくい上げる姿も見られた。

朝方、バラク氏は3台の警備車で会員制のヴィンヤード・ゴルフ・クラブに向かい、パターを手にしてグリーンに向かう姿が目撃された。

彼はライムグリーンのポロシャツに白いショートパンツ、大統領ナンバー44の刺繍が入ったシューズとグローブを身に着けていた。

今週初め、14年間勤め、妻と2人の息子を残して亡くなったキャンベル氏に、オバマ氏と家族は敬意を表した。

「タファリは私たち家族の最愛の人でした。」

「私たちが初めて彼に会ったとき、彼はホワイトハウスの有能な副料理長で、創造性に富み、料理と人々をひとつにする能力に情熱を注いでいました。」

「その後の数年間で、私たちは彼を、温かく、楽しく、私たちの人生すべてを少し明るくしてくれた特別に親切な人として知るようになりました。」

「だからこそ、私たちがホワイトハウスを去る準備をしていたとき、タファリに私たちと一緒にいてほしいと頼み、彼は快く承諾してくれたのです。」

「それ以来、彼は私たちの生活の一部であり、彼が亡くなって私たちの心は傷ついています。」

マサチューセッツ州警察は火曜日、キャンベルがエドガータウンの大池で水上スポーツを行なっている最中にバランスを崩し、水中に転落したことを確認した。

キャンベルにはもう一人付き添っており、泳いで助けようとしたが間に合わなかったという。

検死解剖の結果、彼に外傷や怪我はなかったと警察は水曜日に発表した。

引用:Daily Mail

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00