Home 政治不法移民 マサチューセッツ州で数万人の不法滞在者が運転免許取得を急ぐ

マサチューセッツ州で数万人の不法滞在者が運転免許取得を急ぐ

by Jack World News

マサチューセッツ州では、不法滞在者にも運転免許を与えるという法律が有権者によって承認されたため、何万人もの不法滞在者が運転免許の取得を急いでいる。

『ボストン・ヘラルド』紙のクリス・ヴァン・バスカーク氏が発表した同州の自動車登録局(RMV)のデータによると、法律が施行された7月1日以降、約10万件の運転免許取得予約の申し込みがあった。

そのうちの大半、数万件は、昨年末に有権者がマサチューセッツ州全体の投票イニシアチブでこの法律を承認した後、マサチューセッツ州で運転免許を取得する権利を与えられた不法滞在者であろう。

この法律の成立により、マサチューセッツ州はカリフォルニア州、ニューヨーク州、コロラド州、コネチカット州などに続き、不法滞在外国人に運転免許証を提供する17番目の州となった。

この法律が施行されてから4年間で、マサチューセッツ州では30万人近くの不法滞在者が運転免許証を申請すると州当局は予想している。この法律の施行には、全体で少なくとも2800万ドルの税金がかかる。

昨年、19歳の不法滞在者エヴァートン・キャンディードが、マサチューセッツ州モルデンで生まれ育った陸軍州兵の退役軍人ウォルター・ウィショスキーJr.(77歳)を、無免許運転中に死亡事故を起こして殺害した容疑で逮捕され、キャンディードは一躍、運転免許構想の顔となった。

開放的な国境ロビーは、選挙で選ばれた民主党議員の助けを借りて、不法滞在外国人の運転免許を確保することを、アメリカ市民と合法的移民のためだけの特権をなくすという彼らのアジェンダの重要な固定事項としている。

なぜなら、不法滞在者が地元警察に車を止められた際、運転免許証のない運転が最初の犯罪容疑となり、移民税関捜査局(ICE)に身柄を拘束され、逮捕・強制送還されることがよくあるからである。

現在、マサチューセッツ州には約31万6千人の不法滞在者がいる。

引用:Breitbart

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00