Home 生活コロナワクチン インフルエンザの予防接種のように毎年COVIDの予防接種が期待される、とCDC新局長

インフルエンザの予防接種のように毎年COVIDの予防接種が期待される、とCDC新局長

by Jack World News

米疾病対策センター(CDC)の新所長マンディ・コーエン博士はSpectrum Newsとのインタビューの中で、COVID-19ワクチンがインフルエンザの予防接種のように毎年接種されるようになるとの見通しを明らかにした。

CDCは、コロナウイルスから身を守るために、アメリカ人は毎年COVID-19ブースター接種を受けるべきであるとする新たな勧告を確定しつつあり、9月初旬に発表される予定である。

「インフルエンザの予防接種を毎年受けるのと同じように、毎年COVIDの予防接種を受けるようになると予想しています」とマンディ・コーエン博士はアトランタのCDC本部でSpectrum Newsに語った。

「私たちはまだそこに到達していませんが、期待していてください。今後数週間以内に、COVID予防接種について専門家からさらに詳しい話を聞くことになると思います」

コーエン博士は、特に、COVID-19、インフルエンザ、RSVの”三大流行”が迫っていることを懸念している。

「親が子供にワクチンを接種しないことをとても心配しています。私は子供たちに循環ウイルスからワクチンを接種させました。親として大変なことは他にもたくさんある。これは、子供たちを守るために私たちができることのひとつです。」

彼女はまた、ワレンスキー氏が指揮を執っていた間、CDCが信頼を失っていたことを認めている。

コーエン氏は、「CDCが必要な方法で実行できなかった初期の場所がいくつかありました」と、人々のワクチンへのためらいを引き合いに出した。

Spectrum Newsによると、コーエン所長は就任後1ヶ月間、透明性、効果的な実行、国民、保健指導者、政治家との関係構築という3つの重点分野に注力したという。

さらに彼女は、特に気候変動への取り組みや研究に関して、同機関の資金を削減しようとする下院共和党の動きに対応した。

「私たちを守る軍隊が世界中にあるように、私たちを守るCDCが必要です。」

「人々が “CDC “と聞いたとき、私の健康を守ってくれる信頼できるパートナーであり、私自身、私の家族、そして私のコミュニティを守るための常識的な解決策を手助けしてくれる、良質で正確な情報を提供する組織であることを思い浮かべてほしいのです。」

『The Gateway Pundit』は以前、コーエンがノースカロライナ州保健当局のトップとして在任中、彼女がCOVID規制を積極的に推し進め、アメリカ人への影響について笑っていたと報じた。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00