Home 社会裁判 フロリダ州判事デサンティスとの確執でディズニーに不利な判決

フロリダ州判事デサンティスとの確執でディズニーに不利な判決

by Jack World News

ロイター通信によると、フロリダ州の判事は21日、ウォルト・ディズニー社による監督地区の訴えを却下した。

この判決により、監督区は、今年初めに地区の理事会と交わされたディズニーに有利な「裏取引」の無効を求める訴訟を追行することができる。これらの取引が無効となれば、ディズニーのデサンティス知事に対する連邦訴訟はほぼ消滅することになる。

ディズニーの広報担当者は、今回の決定は「ディズニーの憲法上の権利の擁護」を求める連邦訴訟とは「何の関係もない」と述べた。

「私たちは、ディズニーが連邦と州の両方の訴訟で勝訴することを確信しています。」

監督区の広報担当者はコメントを控えた。

この小競り合いは、フロリダ州が、教室で低年齢の子どもたちとセクシュアリティや性自認について議論することを禁止する法律を施行し、それをディズニーが批判したことから始まった。共和党の大統領候補に立候補しているデサンティス知事は、公の場で繰り返し「覚醒したディズニー」を攻撃してきた。

デサンティス氏は議員を集め、同地区をセントラル・フロリダ観光監督地区として再編成し、理事会の権限をディズニーから知事に移譲する法案を可決させた。議員はまた、ディズニーがデサンティス知事の管理下に置かれる前夜に、当時のリーディ・クリーク改善地区の前理事会と交わした協定を遡及的に無効にした。

ディズニーは4月、州知事を連邦裁判所に提訴し、デサンティス氏が州政府を “武器化 “し、教室での男女討論法を攻撃したと主張した。

ディズニーは連邦裁判所に対し、州が同社に向けられた法律を施行するのを阻止すること、そして先の地区の理事会と結ばれたディズニーに有利な開発契約を復活させることを求めていた。

引用:AOL

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00