Home 政治共産主義 社会主義者ルーラ氏が全市民に銃規制を導入 – 犯罪を減少させたボルソナロ氏の政策を覆す

社会主義者ルーラ氏が全市民に銃規制を導入 – 犯罪を減少させたボルソナロ氏の政策を覆す

by Jack World News

ブラジルの社会主義者ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルヴァ大統領は、ブラジルで銃器へのアクセスを緩和し、国内の犯罪減少につながったジャイル・ボルソナロ前大統領の政策をすべて覆した。ルーラの独裁的な決定は、5月にTGPが予期していたように、ブラジルで市民の銃器を管理する意図を確認するものだ。

新しい銃刀法は、技術的な側面よりも左翼的なイデオロギーに基づく新たな規制を導入している。新法は、一般市民が銃器を入手することを妨げ、市民が38口径、40口径、45口径、ACP口径、9mm口径の銃を購入することを禁止している。ルーラは、セミオートマチック銃の購入も禁止している。

禁止口径の銃器を所持している者は、それを国に売却しなければならない。ルーラは、現在禁止されている銃器の買い取りプログラムを確立する予定である。

ボルソナロ氏の銃政策はブラジルに好結果をもたらした。最近、ブラジル公安フォーラムが発表したデータによると、国内の暴力による死亡者数は2.4%減少し、4万8,4000人から4万7,5000人に減少した。

好意的な数字にもかかわらず、ルーラ大統領は積極的な銃規制政策を選択した。ベネズエラやニカラグアの左翼独裁政権に好意的な彼の姿勢は、ブラジルのこうした銃規制政策による全体主義の危険性を危惧し、銃器を所有する市民の間で懸念を呼んでいる。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00