Home 政治2024年米大統領選挙 バー元司法長官、トランプ氏が2024年の共和党指名を獲得したら「橋から飛び降りる」と発言

バー元司法長官、トランプ氏が2024年の共和党指名を獲得したら「橋から飛び降りる」と発言

by Jack World News

ビル・バー元米司法長官は、ドナルド・トランプ氏の2024年共和党指名候補に強い反対を表明した。

NBC Newsとの最近のインタビューで、バー氏は “私はトランプ氏の指名に強く反対し、トランプ氏を支持しないことを明確にしている “と述べた。

もし総選挙でトランプ氏がジョー・バイデン大統領と対決することになったらどう投票するかというNBCニュースの質問に対し、バー氏は “橋に行って飛び降りる”と答えた。

トランプ政権の下で働いたことのあるバー氏は、前大統領を率直に批判しており、トランプ氏がホワイトハウスに戻れば “混乱 “と “ホラーショー”になると警告している。

5月に行われたジェラルド・リベラ氏との対談で、バー氏はさらに懸念を述べ、トランプ氏の政策のいくつかは人気があるものの、トランプ氏自身にはそれを効果的に実行するのに必要な規律や戦略的思考が欠けていると指摘した。

「彼には規律がない。」バー氏は、トランプ氏がその政策で再選されることについて質問され、こう答えた。

「彼には戦略的思考や直線的思考、優先順位の設定、システムにおける物事の進め方などの能力がない。」

「そして、だからあなたは彼の政策を望むかもしれない。しかし、トランプが彼の政策を実現することはないでしょう」とバー氏は付け加えた。

「彼は混乱をもたらすだろうし、どちらかといえば、彼の政策がそうでない場合よりもずっと後退するような反発を招くだろう」

NBC Newsが接触した元トランプ関係者の中で、バー氏の気持ちはトランプ氏の元参謀長ミック・マルバニー氏も共有している。「ジョー・バイデンに負けるとしたら、それは彼だろう」と言っている。

トランプ内閣の閣僚を務めた44人のうち、トランプ氏の再選を公に支持したのは4人だけだ。マシュー・ウィテカー前司法長官代行、マーク・メドウズ最終首席補佐官、ラッセル・ヴォート前予算局長、リチャード・グレネル前国家情報長官代行などだ。

共和党予備選に陰謀を加えているのは、マイク・ペンス前副大統領とニッキー・ヘイリー前国連大使だ。NBCニュースによると、ペンス氏はトランプ氏の元国家情報長官ダン・コート氏の推薦を受けている。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00