Home 政治バイデン犯罪一家 下院監視委員会委員、デボン・アーチャー氏の証言を「80年代の古いマフィア裁判」と比較

下院監視委員会委員、デボン・アーチャー氏の証言を「80年代の古いマフィア裁判」と比較

by Jack World News

ハンター・バイデンの元ビジネス・パートナーが議員たちの前で質問に答える準備をしているとき、下院監視委員会のメンバーの一人が、この証言がバイデン家の点と点をどのように結ぶかを予告した。

「ジョン・ゴッティの80年代のマフィア裁判を覚えているか?」

テキサス州選出のパット・ファロン議員は、月曜日の “Varney & Co. “で月曜日にこう語った。

「尼僧やボーイスカウトや聖人から事情聴取しても、犯罪を犯すような連中を捕まえることはできない。」

元ブリスマホールディングス取締役のデヴォン・アーチャー氏は、バイデン一族のベンチャー企業とバイデン大統領の関与の有無に関する下院監視委員会の調査の一環として、月曜日の午前中に非公開のインタビューに応じることになっている。

同委員会のジェームズ・コマー委員長(共和党)は先月、バイデン一族の海外ビジネス疑惑に関する多くの証拠を得た数ヶ月に及ぶ調査の一環として、アーチャー氏を召喚した。以前に予定されていた少なくとも3回の宣誓証言は、アーチャー氏の個人的な理由でキャンセルされた。

 

長年のバイデン氏の友人であり、仕事仲間でもあるアーチャー氏は、バイデン大統領が2009年から2017年にかけて副大統領を務めていた間に、ハンター氏の仕事仲間数十人と会っていたことを証言する準備を進めていると報じられている。この情報が事実であれば、バイデン氏は

「息子とビジネスをしたことはない」

「息子とビジネス上の取引について話したことはない」

「息子について何も知らなかった」

というホワイトハウスの度重なる主張に疑問符がつくことになる。

「私たちが召喚権を得てからこの7ヶ月の間に発見したあらゆる証拠から、ハンター・バイデンがバイデン家とジョー・バイデンのバッグマンであったという事実が浮かび上がってきます。」

「だからこそ、デボン・アーチャーの証言は重要なのです。ハンターは、”父さん、彼らは私たちのサポートが必要なんだ “と言った。それで、何があったのですか?」

アーチャー氏には、先住民族をだました罪で司法省から1年1日の実刑判決を受けたという前科があるにもかかわらず、ファロン議員はさらなる証拠が提出されることに自信を示した。

「銀行の記録があるんだ。バイデン一族は20以上のペーパーカンパニーを設立している。ハンター・バイデンは種銭を懐に入れていた。FBIが “非常に信頼できる情報源 “としているものから、10-23(フォーム)を入手しました」と下院議員は語った。

「あなたは今、アメリカ史上最大の政治スキャンダルについて話しているのです」と彼は付け加えた。

ファロンは、少なくともバイデン大統領に対する弾劾訴追を開始できるだけの「十分な証拠」が揃っているという点で、共和党の同僚議員と意見が一致した。

司法省はフォックス・ニュース・デジタルのコメント要請に即座に応じなかった。

引用:Fox Business

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00