Home 生活パンデミック CDC、バイオテロが発生した場合、炭疽菌が使用される可能性が高いと警告

CDC、バイオテロが発生した場合、炭疽菌が使用される可能性が高いと警告

by Jack World News

米疾病予防管理センターのウェブサイトに、炭疽菌に関する不気味な警告が掲載されている。

CDCのウェブサイトでは、”もしバイオテロが起こった場合、炭疽菌を引き起こす炭疽菌は最も使用される可能性の高い生物製剤の一つである”と警告している。

炭疽菌は誰にも知られることなく静かに放つことができるので、有効な武器となる。微小な胞子は、粉末、スプレー、食品、水に混入させることができる。胞子は非常に小さいので、見ることも、匂いを嗅ぐことも、味を感じることもできない。

FDAは最近、Emergent BioSolution社の新しい炭疽菌ワクチンを18歳から65歳の成人向けに認可した。

FDAは、炭疽菌への暴露が確認された場合、あるいは疑われる場合にサイフェンダスを使用することを承認したが、抗菌薬と一緒に投与しなければならない。

CDCによれば

もしバイオテロが起こった場合、炭疽菌は最も使用される可能性の高い生物製剤の一つである。生物製剤とは、人や家畜、農作物を病気にしたり殺したりする細菌である。炭疽菌の芽胞は自然界で簡単に見つけることができ、研究室で生産することができ、環境中で長期間持続することができるため、炭疽菌は使用される可能性が最も高い薬剤の一つである。

炭疽菌は、誰にも知られずに静かに放出することができるので、良い武器になる。微小な胞子は、粉末、スプレー、食品、水に入れることができる。胞子は非常に小さいので、見ることも、匂いを嗅ぐことも、味を感じることもできないかもしれない。炭疽菌は以前にも兵器として使用されたことがある。

炭疽菌は1世紀近くにわたり、世界中で兵器として使用されてきた。2001年、米国の郵便システムを通じて郵送された手紙に、粉末状の炭疽菌の胞子が意図的に入れられた。郵便配達人12人を含む22人が炭疽菌に感染し、この22人のうち5人が死亡した。

米国ではここ数ヶ月、家畜の炭疽病感染件数が急増している。

ミネソタ州動物衛生委員会は最近、10年以上ぶりに牛が炭疽菌に感染したケースを報告した。

Fox9ニュースは以下のように報じた。

ミネソタ州動物衛生局はミネソタ州北西部の牛が炭疽菌に感染したと発表した。

この炭疽病はキットソン郡の馬と牛から検出され、その牛は隔離されている、とBAH(Minnesota Board of Animal Health:ミネソタ州動物衛生局)は金曜日にプレスリリースで発表した。

最後に報告された炭疽病患者は2013年6月にペニントン郡の牛から検出された。過去、炭疽菌は通常ミネソタ州北西部に集中しており、家畜が炭疽菌の予防接種を受けることができるため、ミネソタ州で炭疽菌が発生することは稀であった。

3月、民主党の大統領候補ロバート・F・ケネディ・ジュニアは、CIAが炭疽菌攻撃に関係していると思うと述べた。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00