Home 政治バイデン犯罪一家 ハンター氏、ジョー副大統領と会う3日前、アーチャー氏にバーナーフォンを買うよう言っていた

ハンター氏、ジョー副大統領と会う3日前、アーチャー氏にバーナーフォンを買うよう言っていた

by Jack World News

ハンター・バイデン氏は、ホワイトハウスでジョー副大統領(当時)と会う3日前に、デヴォン・アーチャー氏にバーナーフォン(廉価なプリペイド携帯電話)を買うように言った。

そしてその数週間後、ハンター氏は「腐敗した」ウクライナのガス会社ブリスマの取締役に就任したことを発表した。

ハンター・バイデン氏は、アーチャー氏がホワイトハウスでジョー・バイデン副大統領(当時)と会う3日前に、”親友 “の彼にバーナーフォンを手に入れるように言ったことが、ショッキングなEメールによって明らかになった。

「明日、セブンイレブンかCVS(大手ドラッグストアチェーン)で携帯電話を買おう。オレも同じく買う」とハンター氏は2014年4月13日の爆発的なメッセージを書いた。

ホワイトハウスの記録によれば、アーチャー氏はその数日後、西翼でジョー氏と会うことになり、彼とハンター氏はその月の終わりに、ウクライナの汚職疑惑のあるガス会社ブリスマの取締役に就任することを発表する。

ハンター氏がアーチャー氏にバーナーフォンを買うように頼んだのは、2人のビジネス戦略について話し合った衝撃的なメールの末尾にあった。

彼のノートパソコンの記録から、ハンター氏がAT&Tのアカウントで13の電話番号を有効にしていたことがわかった。

ハンター氏のアシスタント、ケイティ・ダッジ氏によると、大統領は一時期、電話回線の料金を支払っていた。

2019年1月の電子メールに、彼女はこう書いている。「私の理解では、ハンター氏がキャリアを移行していく中で、短期的にはハンター氏の父親がこれらの請求をカバーすることになるでしょう。」

この “バーナーフォン “メールは、月曜日に偽証罪の罰則のもとでアーチャー氏に事情聴取を行った下院監視委員会のスタッフに疑問を投げかけた可能性がある。

同委員会は、アーチャー氏に使い捨ての電話番号について質問する権限も持っており、それに関する通信記録を召喚することもできる。

ダッジ氏は、2019年1月17日の電子メールと一緒に送られた彼の毎月の請求書のスプレッドシートに13の番号を列挙し、その回線の月額合計請求額が1,200ドルであることを強調した。

「娘たちのものは3つだけです」と彼女は書き、ハンター氏の娘、ナオミ、メイジー、フィネガンを指している。

「すべての番号が使われているのですか?。」

2016年9月20日の電子メールでは、ローズモント・セネカのコンサルタント会社のハンター氏の同僚、ジョーン・メイヤー氏が彼の電話代について尋ね、ハンター氏が支払った3313で終わる1つの番号を『パパ』のものだと記述している。

ハンター氏のビジネスパートナーであるエリック・シュヴェリン氏もまた、2016年12月7日のハンターの請求書をリストアップしたEメールに、ハンター氏がジョー・バイデン氏のイニシャルである’JRB’用のAT&T回線に毎月190.02ドルを費やしていると書いている。

ハンターはダッジに宛てた別のメールで、『父は、エリックのご厚意で私が過去11年間支払ってきたこのアカウントのほとんどの回線を使用しています』と書いている。

ハンター氏のラップトップにある末尾3313の電話番号で最も古い記録では、2011年7月に購入したiPhone 4に関連付けられていた。

2014年5月、彼のブリスマ取締役会の席が発表された頃、AT&Tはハンター氏に「Excessive International Data Alert(海外使用分データのリミット超過通知)」を送り、携帯電話が海外でデータサービスを使用していると警告した。

しかし2018年6月までに、ハンター氏は父親から電話番号を取り戻したようだ。

彼はそれを使って「シェリル」という売春婦とメールをし、同年6月12日にワシントンDCのザ・アーキテクト・ホテルの予約にその電話番号を入れた。

2018年と2019年に送られたハンター氏の携帯電話へのAT&Tのテキストには、各電話回線での通話、テキスト、データ使用量が記載されている。

ノートパソコンにはテキストメッセージが保存されていない回線もあるが、AT&Tの通知には、これらの電話で数百メガバイトのデータが使用されていたことが示されている。

ハンター氏が2014年の電子メールでアーチャー氏に示唆したように、これらの余分な番号をバーナーフォンで暗号化されたテキスト会話に使っていたという説明もできる。

右翼の非営利団体マルコ・ポーロによるハンターのノートパソコンの分析によると、彼は2019年以前に16のプライベートメッセージングアプリをダウンロードしており、その多くは暗号化を使用していた。

その中には、Signal、中国のメッセージングアプリWeChat、そしてかつて犯罪の裏社会で好まれていた暗号化アプリWickrが含まれていた。

Wickrアプリはノートパソコンに含まれていたiPhoneのバックアップにはなかったが、以前iCloudから携帯電話にダウンロードされており、インストールされた後に削除されたことを示唆している、とマルコ・ポーロの分析は結論づけた。

2014年のバーナーフォンのEメールでは、ハンター氏は父親(副大統領)に対する影響力を誇示していた。

当時、ジョー氏はウクライナへの公式訪問を予定しており、東欧諸国との国際関係を主導する任務を負っていた。

「”マイガイ”の今度の出張の発表は、私たちのアドバイスと思惑が功を奏したと言えるが、実際に向こうで彼が何を言い、何をするかまでは我々にコントロールできることではない」とハンター氏は2014年4月のお騒がせメールの中でアーチャー氏に書いている。

「言い換えれば、本当に良い結果になるかもしれないし、あまりにも大きな期待を抱かせることになるかもしれない。今回の訪問に関して、過度な期待は抑える必要がある。」

彼は、自分が勤めていた法律事務所ボイス・シラー・フレックスナー(BSF)にブリスマのためにアメリカ政府高官にロビー活動をさせることまで話し合った。

「BSFは国務省、エネルギー省、NSC(国家安全保障会議)と直接話し合うことができる。彼らはメディアプランを考案し、法的保護を手配し、必要であれば現指導部に関するアメリカ国内のネガティブな報道を緩和することができる。」

「契約は今すぐ始めるべきだ-今度の”マイガイ”の訪問の後ではない。この契約には、月2万5,000ドル程度の報酬と、われわれを保護するためにBSFに提出する、より詳細な作業のための追加報酬が含まれていなければならない。理事会参加に関する私たちそれぞれの取引とはまったく別のものだ。」

しかし、大統領の息子は、未登録の外国人ロビー活動を禁止する外国エージェント登録法(FARA)に抵触しないよう、強く望んでいるようだった。

「彼らは、我々が国内の政策立案者に直接介入しないこと、できないこと、そしてFARAやその他の米国の法律を全面的に厳格に遵守する必要があることを明確に知る必要がある」と彼はEメールで述べた。

水曜日に行われた彼の税務犯罪をめぐる刑事裁判の最初の公聴会で、検察は、FARA違反の可能性についてまだ捜査中であり、ハンター氏をさらに告発する可能性があることを明らかにした。

Twitter Citizen Free Pressより:ジョナサン・ターリーは次のように要約しています。 「これらの電話は、ハンター・バイデンができることを示すために設計されたものでした。彼が副大統領に短縮ダイヤルを接続させたことを示しました。」

引用:Daily Mail

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00