Home 政治トランプ大統領 トランプ氏、2020年選挙結果への働きかけにより起訴

トランプ氏、2020年選挙結果への働きかけにより起訴

by Jack World News

ジャック・スミス特別顧問、「米国を欺くための共謀」などで4件の起訴

ワシントンの大陪審は8月1日、ドナルド・トランプ前大統領に対し、2020年の選挙結果に異議を唱える努力と2021年1月6日の出来事に関連する重罪を承認した。

起訴状によると、トランプ氏は、ジャック・スミス特別顧問による調査から生じた4つの連邦罪に直面している:米国を詐取するための共謀、公的手続きを妨害するための共謀、公的手続きの妨害と妨害未遂、市民から憲法上の権利の「自由な行使」を奪うための共謀。

これはスミス氏の捜査による2度目の起訴である。前大統領は、フロリダ州パームビーチにあるマー・ア・ラーゴの自宅での機密文書保管疑惑に関する40件の訴追を別途受けている。

トランプ陣営は新たな起訴について、政治的動機による攻撃だと説明した。

「これは、バイデン犯罪ファミリーとその武器と化した司法省が、トランプ大統領が文句なしのトップランナーであり、かなりの差をつけてリードしている2024年の大統領選挙を妨害しようとする哀れな試みの、最新の腐敗した章以外の何ものでもない」と、トランプ陣営のスポークスマンは電子メールで述べた。

「しかし、なぜ彼らは2年半も待って、2024年に向けてトランプ大統領が勝利するキャンペーンの真っ最中に、このような偽の告発をしたのでしょうか?なぜ、議会の場から大きなペテン師ジョー・バイデンのスキャンダルが発覚した翌日に発表したのか?」

起訴状

45ページに及ぶ起訴状(pdf)は、トランプ氏を2020年の選挙結果に異議を唱えようとした「共謀」の疑いで告発している。

「共謀の目的は、不正選挙と知りながら虚偽の主張を用いることで、2020年の大統領選挙の正当な結果を覆すことだった」と起訴状には書かれている。

また、共謀者とされる6人の名前も挙げられている。そのうち4人は弁護士。1人は司法省職員で、もう1人は政治コンサルタントだった。いずれも名前はない。

スミス氏の起訴状は、トランプ氏を含むすべてのアメリカ人には、選挙について公に発言し、自分が勝利したと主張する憲法修正第1条の権利があることを認めている。また、トランプ氏は選挙結果に「正式に異議を申し立てる権利がある」とも述べている。

しかし、トランプ氏にとって問題となったのは、「正当な票を割り引き、選挙結果を覆す違法な手段を追求した」とされるときだった。

起訴状によれば、共謀の疑惑には、「選挙不正の虚偽の主張」の拡散や、7つの州における補欠選挙人の組織化が含まれていた。起訴状は、ジョージア州、ペンシルベニア州、ミシガン州、アリゾナ州などにおけるトランプ氏とその同盟者による有権者不正の具体的な主張について言及している。この起訴状は、有権者不正の疑惑に異議を唱えるためにこれまで使われてきた関係者の供述にほとんど依拠している。

また、”副大統領には選挙結果を覆す権限があり、認証手続きでの儀礼的な役割を利用して選挙結果を覆すことができるかもしれないという誤った期待 “のもと、トランプ氏が支持者たちにワシントンに来るよう促したと主張している。

スミス氏は8月1日の短い記者会見で、2021年1月6日の出来事を「アメリカ民主主義の座に対する前例のない攻撃」であり、選挙を実施し認証するという政府の「根幹的機能」を混乱させることを目的とした嘘によって「煽られた」ものだと呼んだ。特別弁護人は、”迅速な裁判”を求めると付け加えた。

トランプ陣営のスポークスマンは声明で、前大統領は “多くの優秀な弁護士から助言を受け、常に法と憲法に従ってきた”と述べた。

「これらの非アメリカ的な魔女狩りは失敗し、トランプ大統領はホワイトハウスに再選され、かつてないレベルでわが国の血管を駆け巡っている虐待、無能、腐敗からわが国を救うことができる」とスポークスマンは述べた。

トランプ氏は8月3日午後4時にワシントンの連邦裁判所に出廷する予定だ。

ワシントンはトランプの国ではない

1月6日のトランプ氏に対する裁判は、ワシントン市内で行われる場合、特に敵対的な陪審が予想される。有権者登録の統計によれば、ワシントンでは登録有権者の77%近くが民主党員で、共和党員はわずか5%である。

1月6日の被告の多くは、トランプ氏の支持者はワシントンでは公正な裁判を受けられないと主張し、裁判を別の場所に移そうとした。しかし、裁判官はこれらの要求を却下した。裁判にかけられた1月6日の事件のうち、すべての罪状で無罪に終わったのはわずか2件で、その2件は陪審員ではなく裁判官によって決定された。

トランプ氏は、自身のプラットフォーム「トゥルース・ソーシャル」への7月18日の投稿で、容疑が迫っているという通知が7月16日、日曜日の夜に来たことを「興味深い」と述べた。フロリダでの演説で、”不潔で、不衛生で、放置され、犯罪にまみれたワシントンD.C. “を連邦政府が管理することを提唱してから24時間も経っていない。

しかし、バイデン氏の司法省が彼の裁判の開催を望んでいるのはその場所であり、「特に演説で私が連邦政府による支配を強く訴えた後では、D.C.の陪審員は彼ら(権力者)の望むことを何でもすると考えているからだ」とトランプ氏は語った。

選挙『詐欺師』?

トランプ氏に対する3件の起訴はすべて、3度目の米大統領選出馬のさなかに行われたもので、ジョージア州では大陪審が4件目の起訴の可能性に取り組んでいる。この事件は、同州でトランプ氏が本当に2020年の選挙に負けたのかどうかをめぐる争いを中心に展開されている。

7月18日の投稿によると、前大統領は、2016年に民主党が行ったように、「不正操作され盗まれたと(自分が)完全に確信している選挙に抗議する」憲法上の権利を行使したのだと主張している。

トランプ氏は、”武器化 “された連邦政府機関が選挙の “詐欺師 “を調査することを拒否したと主張している。その代わりに、司法省とFBIは “不正を行った者に文句を言う者を標的にし、嫌がらせをしている”。

トランプ氏とその同盟者たちは言う。「トランプ氏に対する刑事訴訟はすべて、数年前に起きた事態に関わるものであり、選挙妨害に相当する」

「民主党の検察は、2024年の大統領選挙を妨害するために、何年も待って告発したのだ。」
彼は7月19日、今回の起訴を見越してトゥルース・ソーシャルに投稿した。
“彼らは、しかし、大きな反撃を受けている!”

しかし、トランプ氏を非難する人々は、トランプ氏は精査に値し、彼が犯したと思われる不正行為について責任を負うべきだと言う。彼の最も手厳しい批判者たちは、彼が2021年1月6日、政府を “転覆”させるために支持者の “暴徒”をワシントンに呼び寄せたと主張している。

公共の利益のために

今回のトランプ氏への起訴は、スミス氏が2つの側面から前大統領を調査するよう任命されてから8カ月後のことだ。

スミス氏は6月、トランプ氏による機密記録の不正処理の疑いで起訴状を確保した。FBIは2022年8月、前大統領の自宅に前例のない家宅捜索を行い、これらの資料を押収した。

バイデン政権の検察当局トップ、メリック・ガーランド司法長官は、トランプ氏が3度目の大統領選出馬を表明した3日後の2022年11月18日、スミス氏を特別顧問に任命した。

当時ガーランド氏は、トランプ氏の立候補がスミス氏任命のきっかけになったことを認めていた。

「前大統領が次期大統領選の候補者であることを表明し、現職大統領も同様に候補者となる意向を表明していることを含め、最近の情勢を踏まえ、私は特別顧問を任命することが公益にかなうとの結論に達した」と、ガーランド氏はスミス氏を任命した際に述べた。

バイデン氏は、トランプ氏に対する連邦当局の行動への影響を否定している。

トランプ氏は無実を主張している。4月、彼は2017年のニューヨークのビジネス記録法違反の疑いによる最初の起訴に対して無罪を主張した。6月には、2021年にホワイトハウスを去った後の機密記録の取り扱いに関連する連邦政府の告発に対して無罪を主張した。

選挙キャンペーンは続く

トランプ氏の法的危機が高まっているにもかかわらず、彼は選挙イベントを強行した。

起訴が迫っていることを明らかにした同じ日の6月18日、トランプ氏は有権者やFOXニュースの司会者ショーン・ハニティとともにアイオワ州のタウンホール・フォーラムに参加した。

7月19日、トランプ氏はニュージャージー州ベッドミンスターにある自身のゴルフクラブで、サプライズ超大作『サウンド・オブ・フリーダム』の上映会を催した。

7月20日、トランプ陣営は新しい1分間のビデオ広告を発表した。モノクロで撮影され、石のような顔のトランプ氏が廊下を力強く歩いている。「これが最終決戦だ」とトランプ氏はナレーションで言う。

「君たちを味方につけて、ディープ・ステートを解体する。戦争屋を政府から追放する。グローバリストを追い出し、共産主義者、マルクス主義者、ファシストを追い出す。」

「私たちは、私たちの国を憎む病んだ政治家たちを追い出す。フェイク・ニュース・メディアを一掃し、アメリカを悪党どもから解放するのだ。」

映像はドラマチックな音楽で終わり、黒い画面に「アメリカのためのトランプ大統領の戦いに参加しよう」という文字が白く表示される。

起訴が間近に迫っていることを明らかにしたトランプ氏は、これまで何度も「アメリカ国民のために戦うことを(止めるために)でっち上げられたデマや詐欺」に耐えてきたと主張した。

「しかし、私は決してやめない!」と言う。

引用:Epoch Times

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00