Home 政治トランプ大統領 バイデン司法省がトランプ氏を告発した興味深いタイムライン

バイデン司法省がトランプ氏を告発した興味深いタイムライン

by Jack World News

再び、トランプ大統領が火曜日に起訴された。ハンター・バイデン氏の親友で仕事仲間のデボン・アーチャー氏が、ハンター氏が一族のために影響力のある身売り取引を手配する外国高官と同席していた20回の通話に、ジョー・バイデン大統領も含まれていたと証言した翌日である。

アーチャー氏はまた、ジョー・バイデン氏がハンター・バイデン氏の不動産ベンチャーに4000万ドルを投資したロシアのオリガルヒ、イェレナ・バトゥリーナ氏と会ったと証言した。そして彼女はまた、ハンター・バイデン氏に350万ドルのコンサルティング料を支払っていた。ジョー・バイデン氏はその後、バトゥリーナ氏をロシア制裁リストから除外した。

では、次に何が起こったのか?トランプ大統領は今日、悪徳特別顧問ジャック・スミスによって再び起訴された。

注目している人たちにとって、これは初めてのことではない。バイデン犯罪ファミリーを示唆する新たな証拠が発表され、その翌日にトランプ大統領がバイデン政権によって起訴されるということが、これまでに少なくとも6回あった。

これは偶然ではない。民主党とバイデン政権は、我々の司法制度を馬鹿にしている。彼らはアメリカ、法律、国境、評判、ドル、中産階級、文化を意図的に破壊しているのだ。

ラリー・クドローは8月1日、トランプが起訴されるというニュースが流れた後、自身の番組でこのタイムラインを説明した。

ラリー・クドロー:

「 今日、このことが明らかになった理由のひとつは、元ハンター・バイデンの永遠の親友、デヴォン・アーチャーが昨日宣誓証言を行い、影響力を売り物にするハンター一族のブランドについて語ったからです。ちょっと待った。」

「何か悪いことが起こるたびに、彼らはこうする。」

「また起訴される 3月16日、ジェイミー・コマーがバイデンの家族への支払いを暴露。そして数週間後の4月4日、トランプのニューヨークでの刑事告発。それがアルビン・ブラッグ騒動だった。そして春の終わり、6月8日、共和党がバイデンの贈収賄1023フォームを閲覧する。共和党はその翌日にそれを公表した。9日には、夏にはマール・ア・ラゴの機密文書起訴があった。つい数日前の7月26日には、デラウェア州ウィルミントンでハンターの司法取引が行われた。そしてどうなったと思う?突然、トランプはジャック・スミスから、テープの隠蔽とメンテナンス担当の男に関する追加告発を受けることになった。つまり、昨日の宣誓証言は、バイデン夫妻にとって非常に衝撃的なものだった。それで今日、突然、なんと、1月6日の件で、まったく法的根拠のない、でっち上げの起訴をするつもりなのだ。」

引用:Fox Business

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00