Home 政治トランプ大統領 ペンス氏の声明 “憲法より自分を優先する者は決して合衆国大統領になるべきではない”

ペンス氏の声明 “憲法より自分を優先する者は決して合衆国大統領になるべきではない”

by Jack World News

マイク・ペンス前副大統領は火曜日夕方、2020年選挙に異議を唱え、選挙について州当局者、議会、ペンスに働きかけたとして、元上司で現在は大統領選のライバルであるトランプ大統領が起訴されたことについて声明を発表した。ペンス氏は起訴内容を確認していないと述べた。

トランプ大統領は、2021年1月6日の連邦議会上下両院合同会議を主宰した際、州の選挙結果に対する異議を受け入れ、それらの州に選挙を見直す時間を与えるよう、ペンス副大統領(当時)に強く働きかけた。ペンス氏はトランプ氏の嘆願を拒否し、1887年の選挙人カウント法のもとで法的権限があるとするトランプ氏の意見に反対した。

今日の起訴は、憲法よりも自分自身を優先するような人物は決して合衆国大統領になるべきではない、という重要な注意喚起となる。

政府の主張については、起訴状を検討した後、また述べるつもりだ。前大統領には推定無罪の権利があるが、今回の起訴により、彼の立候補は1月6日についての話題が増え、より気が散ることを意味する。

アメリカ人としては、彼の立候補は、ジョー・バイデンの悲惨な経済政策が全米の何百万人もの人々を苦しめていることや、ハンターの汚職のパターンが注目されなくなることを意味する。

「わが国は一人の男よりも重要だ。私たちの憲法は、一人の男のキャリアよりも重要だ」。

1月6日、トランプ前大統領は私に、彼と憲法のどちらかを選べと要求した。私は憲法を選んだ。

「皆さんの大統領として、私はアメリカ、私たちの国民、私たちの価値観を守るために一歩も譲りません。 私は、憲法とアメリカ国民の品性と良識に対する私の宣誓と矛盾しない方法で、そうすることを約束します。私たちは、公の場に誠実さと礼節を取り戻し、わが国を悩ます真の課題に真の解決策をもたらすことができるようにします。」

記者は、ペンス氏がこの事件で証拠を提供したようだと観察した、
“起訴状の多くの証拠は、@Mike_Penceから直接得たもののようだ”

トランプ氏はペンス氏に、”君は正直すぎる “と言ったとされる。

“ペンスはクリスマスに「メリークリスマス」とトランプに電話し、トランプは選挙人票の拒否について迫った”

共和党有権者のトランプ候補に対するペンス候補の支持率は一桁前半に低迷している一方、最近の世論調査ではトランプ候補の支持率は50%を大きく超えている。

ペンス氏はTwitter/Xに声明を投稿した。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00