Home 政治魔女狩り裁判 NY州司法長官ジェイムズ、トランプ氏らに対する2億5,000万ドルの訴訟準備が整った と発表

NY州司法長官ジェイムズ、トランプ氏らに対する2億5,000万ドルの訴訟準備が整った と発表

by Jack World News

ニューヨーク州レティシア・ジェームズ司法長官の事務所は火曜日、ドナルド・トランプ前大統領とその子供2人、そして彼の会社に対する2億5,000万ドルの巨額訴訟の裁判を進める用意があると発表した。この訴訟では、彼らが数年にわたって広範な詐欺行為を行っていたと主張している。

CBS Newsによると、「本件は裁判の準備が整いました」と、同事務所の上級執行弁護士であるケビン・ウォレス氏は月曜日に提出した書類の中で述べている。

裁判は10月2日に行われる予定で、マンハッタンにある州最高裁判所のアーサー・エンゴロン判事が裁判長を務める。トランプ氏の弁護団はエンゴロン判事に何度も期限延長を求めているが、エンゴロン判事はこれを拒否している。

2022年9月に提訴されたこの訴訟は、トランプ一族とトランプ・オーガニゼーションの幹部を標的にしたもので、不動産の評価やトランプ氏の個人的な財務諸表に関する広範な不正スキームを主張している。

イヴァンカ・トランプに対する疑惑はニューヨークの控訴裁判所によって棄却されたが、トランプ・オーガニゼーションがいくつかの不動産の価値をつり上げたかどうかの調査は続いている。

レティシア・ジェームズは昨年、「今日、私はドナルド・トランプが自分自身とその家族、そしてトランプ・オーガニゼーションを富ませるために、長年にわたる財政詐欺に関与しているとして訴訟を起こしました」と述べた。

レティシア・ジェームズ氏は、彼女の事務所が求めているのは次のようなことだと述べた。

  • トランプ氏に2億5000万ドルを支払わせる。
  • トランプ一族によるNYの企業経営を永久に禁止する。
  • トランプ氏とトランプ・オーガニゼーションがNYの商業用不動産を購入することを5年間禁止する。
  • 米司法省に刑事告発する。

「ドナルド・ジュニア、エリック、イヴァンカ、そして他の被告たちの助けを借りて、トランプは、融資を受け、満足させ、保険給付を受け、税金を安くするために、不法に自分の純資産を何十億も膨らませたり、減らしたりした。要するに、巨額の経済的利益を得るために嘘をついたのです」とレティシア・ジェームズ氏は9月に述べた。

「私たちは、トランプとその家族、そしてトランプ・オーガニゼーションが、10年間で200回以上、年次財務諸表に不正で誤解を招くような資産評価を用いていたことを突き止めた。これらの財務諸表は、数億ドルの融資や保険金を得るために使用されました」と彼女は付け加えた。

同日、DC大陪審は1月6日の捜査でトランプ氏を起訴した。

トランプ氏は4つの訴追を受けた。(1)米国を詐取するための共謀、(2)公的手続きを妨害するための共謀、(3)公的手続きの妨害と妨害未遂、(4)権利に対する共謀。

そして共謀者は6人いるとされているが、全て無記名!

引用:CBS News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00