Home 政治トランプ大統領 トランプ弁護士「過去最大級の事件、1年かかるかもしれない」

トランプ弁護士「過去最大級の事件、1年かかるかもしれない」

by Jack World News

ドナルド・トランプ前大統領の弁護団は、木曜日午後のワシントンD.C.での出廷に向けて準備を進めているが、ジョン・ラウロ弁護士が「1年」かかるかもしれないと考えているのは、間違いなく米国史上最大の訴訟事件という「前例のない大きさ」のせいだ。

それは着手するまでの1年ではなく、裁判になれば丸1年かかる可能性がある–大統領選挙キャンペーンを展開する元大統領にとっては–と、ラウロ弁護士は水曜夜のNPRのインタビューで語った。

「この起訴状には、文字通り7つの州の選挙問題が記載されている。ですから、前例のない大事件の訴訟になります」。

「私は長年、40年以上にわたって大規模なホワイトカラー事件に携わってきたが、これは米国史上最大級の事件になるだろう。

「裁判は半年、9カ月、あるいは1年に及ぶかもしれない。だから、このような事件のために弁護人が90日で準備を整えられると期待するのは、まったく馬鹿げている」。

この発言は、今週初めにNBCニュースに語ったもので、ジャック・スミス特別弁護人が「迅速な裁判」を求めているのは憲法修正第6条の乱用だと非難した。

「迅速な裁判の権利は弁護側にあり、政府にあるわけではありません。政府は多くの資料や情報を提出する義務がある。」

「特別弁護人、あるいはバイデン司法省は、この件を3年半にわたって調査してきた。公正を期すならば、私たちには文書を調査し、証人と面談し、証拠を総合的に検討し、裁判官と多くの法的問題に対処するのに十分な時間があるはずです。」

「私たちが望むのは公正な裁判であり、単に迅速な裁判ではない。米国ではどんな被告にもレールを敷く必要はない。司法省には、正義がスピードよりも重要であることを認識してほしいのです。」

最初の法的動議のひとつは、裁判をワシントンD.C.から移動させることである。そこでは、ターニャ・チュッカン判事と95%の民主党陪審員がトランプ氏に敵対的であると誰もが予想している。ラウロ弁護士は、D.C.やバージニア州よりもウェストバージニア州の方が弁護側にとって公平だろうと示唆した。

「私たちは、より多様で、よりバランスの取れた政治的陪審員を求めています。この国は今、政治的に非常に分裂している。言論の自由と政治活動の問題に関わるものだ。」

「ウェストバージニア州は、より均等に意見が分かれる州でした。私たちは、暗黙の、あるいは明示的な偏見や偏見を持たない陪審員を望んでいます。」

「だからウェストバージニアのような場所に行くのは理にかなっている」。

トランプ氏は木曜日、モキシラ・A・ウパディヤ判事の前に初めて出廷する。バラク・オバマ大統領に指名された元公選弁護人補のチュトカン氏が、トランプ氏の事件と裁判の可能性を監督する。

チュトカン氏は、2021年1月6日のキャピトル事件では、ジョー・バイデン大統領の司法省検察官の勧告よりも厳しい実刑判決を下すことが多い。

裁判がどこで開かれるかにかかわらず、バイデン司法省はトランプ大統領の大統領選挙キャンペーンに手かせ足かせをはめることになり、事実上、この裁判によってトランプ大統領は選挙戦線から離脱せざるを得なくなる、とラウロ氏は結論づけた。

「今は選挙期間中だ。「バイデン政権は選挙戦の最中に政敵を起訴することを決めた。そして、トランプ大統領が政敵に対して積極的に討論したり問題について話したりする代わりに、裁判に時間を費やさなければならないということは、裁判官が考えることだと思います」

“しかし、もっと重要なのは、準備のための挑戦が控えているということだ。そして大量の情報があり、我々にはそれを見る権利がある”

引用:Newsmax

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00