Home 政治トランプ大統領 トランプ大統領、D.C.での起訴について「連邦政府による取り扱い」と裁判地の変更を要求

トランプ大統領、D.C.での起訴について「連邦政府による取り扱い」と裁判地の変更を要求

by Jack World News

ドナルド・トランプ前大統領は、ワシントンD.C.での罪状認否を前に、公正な裁判を受けることは「不可能」であるため、裁判地の変更が必要だと主張した。

「ペテン師ジョー・バイデン&狂ったジャック・スミスが起こした最新の偽の “事件 “は、ウェストバージニア州のような、政治的に不偏不党な公平な場所に移されることを望む!」。トランプ氏は罪状認否の前夜、トゥルース・ソーシャルに大統領、特別弁護人、そして “反トランプ “の街D.C.に対する憤りを書き込んだ。

「反トランプが95%以上を占めるワシントンD.C.で公正な裁判を受けることは不可能であり、私は首都を偉大に戻すために連邦政府によるこの件の審理を要求している。それは今や、わが国にとって、いや世界にとって、恥ずべき犯罪多発地帯である。この起訴はすべて選挙妨害だ!」

木曜日未明、トランプ氏は別の投稿で、”急進左派は言論の自由を犯罪化したがっている!”と述べた。

トランプ氏は2016年の選挙でウェストバージニア州を42ポイント差で制し、2020年には68.6%を獲得した。ニューヨーク・タイムズ紙によると、ウェストバージニア州は強い赤の州で、1996年のビル・クリントン元大統領以来、民主党が大統領に選出されたことはない。

2024年の共和党大統領候補の最有力候補であるトランプ氏は、スミス特別顧問による4件の起訴で木曜午後に罪状認否を受けることになっている。トランプ氏は、米国を詐取するための共謀、公的手続きを妨害するための共謀、公的手続きの妨害と妨害未遂、および権利に対する共謀で起訴されている。

他の6人の共謀者は起訴状に記載されているが、正式な名前は明かされていない。

トランプ氏が喚問されている裁判所は、国会議事堂とホワイトハウスの間に位置しており、水曜日の午後、警察は政府庁舎の周囲にセキュリティーフェンスを設置した。

今回の起訴は、トランプ氏にとってここ数カ月で3件目。彼は4月にマンハッタンでビジネス記録の改ざんに関連する罪で起訴され、6月にはフロリダ州南部地区連邦地裁で、マー・ア・ラゴの邸宅に保管されていた機密文書を誤って扱った疑いで起訴されている。

ラスムッセン世論調査によると有権者の65%は、1月6日暴動事件を連邦政府が引き起こしたと考えている。

引用:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00