Home 生活コロナウィルス COVID-19ワクチンのmRNAによるワクチン接種者から非接種者へのエアロゾル感染を示唆する新たな証拠

COVID-19ワクチンのmRNAによるワクチン接種者から非接種者へのエアロゾル感染を示唆する新たな証拠

by Jack World News

ImmunoHorizons誌に掲載された査読付き研究によると、mRNA COVID-19ワクチン接種によって生成された抗体を、ワクチン接種者がエアロゾルを介してワクチン未接種者に感染させる可能性を示唆する新たな証拠が得られた。

コロラド大学の科学者たちは、マスク着用義務の延長により、ワクチン接種を受けた人がCOVID-19ワクチンから生成されたエアロゾル化抗体を感染させることができるかどうかを評価することができた。エアロゾルとは、空気中に浮遊する粉塵、ミスト、煙霧、煙など、製造された、あるいは自然に発生する粒子や飛沫の懸濁液のことで、皮膚に吸収されたり、吸入されたりする。

研究者たちは、SARS-CoV-2に特異的な抗体を検出するために、ワクチン接種を受けた研究室メンバーが着用し、1日の終わりに匿名で寄付されたマスクから、いくつかの検査を組み合わせた。抗体は免疫系によって産生されるタンパク質で、血液中を循環し、細菌やウイルスなどの異物を中和する。

他の研究者が報告した結果とも一致するが、研究者らはワクチン接種者の唾液とマスクから免疫グロブリンG(IgG)と免疫グロブリンA(IgA)の両方の抗体を確認した。

この観察結果から、研究者らは、飛沫やエアロゾル化したウイルス粒子が同じ経路で移動するのと同様に、飛沫やエアロゾル化した抗体の移動が個人間で起こるのではないかと考えた。

この仮説を検証するため、研究チームはワクチン接種を受けた家庭、未接種家庭、COVID-19陽性家庭に住む未接種児の鼻腔綿棒を入手し、比較した。

その結果、ワクチン接種を受けた両親の鼻腔内のIgGが高いことは、同じ世帯のワクチン未接種児の鼻腔内IgGの増加と「有意に関連」しており、特にワクチン未接種世帯の小児から採取した鼻腔ぬぐい液で「SARS-CoV-2特異的抗体が完全に検出されない」ことと比較された。同じ検体のIgAでも同様の傾向がみられた。

つまり、COVID-19ワクチンを接種した親とその子供との間で、エアロゾルによる抗体の伝播が起こりうること、そしてこの伝播の傾向は、ワクチンを接種した親から検出された鼻腔または経口抗体の量に直接関係していることを示唆している。

生物化学工学の博士号を持つChildren’s Health Defenseの最高科学責任者、ブライアン・フッカー氏は、このような抗体の排出は「受動免疫」と呼ばれ、主にIgAが呼吸器飛沫を通して個人間で実際に交換される。しかし、これでは『傍観者』には最小限の免疫しか与えられない。

COVID-19のIg(免疫グロブリン)抗体とヒトのタンパク質との間の分子的擬態 “のため、受動免疫によって自己免疫や “あらゆる種類の反応 “がバイスタンダーに誘発される可能性があるとフッカー氏は言う。

外来分子とヒト分子との分子模倣が自己免疫反応を引き起こし、抗体が正しく機能せず、ヒトのタンパク質と相互作用することが研究で示されている。自己免疫とは、身体が自分自身の組織を攻撃し、損傷や病気を引き起こす免疫反応のことである。

フッカー氏は、もしIg抗体が人から人へ感染するのであれば、COVID-19ワクチンによって生成されたスパイク・タンパク質も感染する可能性がある、と今回の研究は示唆している、と述べた。

「このことは、血流成分や他の組織に対するスパイクタンパク質の毒性に関連した問題だけでなく、傍観者の免疫化を引き起こす可能性があります」と彼は付け加えた。

COVID-19ワクチンは感染を評価する研究なしに承認された

ファイザー社やモデナ社のようなmRNA技術を用いたCOVID-19ワクチンは、mRNAを含む脂質ナノ粒子(LNP)や最近ワクチンを接種された人の細胞で製造されたスパイクタンパク質の発現の可能性についての研究なしに世界的に承認された。

情報公開法の要請により開示されたファイザーの機密文書(pdf)は、ワクチン未接種の人がワクチン接種を受けた人の空気や皮膚を通してCOVID-19ワクチンの内容物に暴露される可能性を示唆し、そのような暴露からワクチン有害反応が生じる可能性について言及している。

ファイザー社の日本における生物学的分布研究では、COVID-19ワクチンのスパイク・タンパク質は注射部位から血液を通って移動し、脾臓、骨髄、肝臓、副腎、卵巣などの臓器や組織に蓄積する可能性があることが示されている。ワクチンmRNAはワクチン接種当日から存在し、ワクチン接種後数週間は血流中に持続する可能性がある。

フランスの薬剤師で生物学者のHelene Banounによる2022年のInfectious Diseases Research誌の論文(pdf)によると、mRNA COVID-19ワクチンのLNPは体液を通して排泄され、経胎盤関門を通過することができる。

バヌーン氏によれば、COVID-19ワクチンを接種した後に体内で製造されたスパイク・タンパク質は、エクソソーム、すなわち細胞から放出される細胞外小胞として循環し、循環を通してスパイク・タンパク質を輸送する。エクソソームは唾液、血液、尿、脳脊髄液に含まれている。mRNAワクチンが広く流通していることを考慮すると、体内からどのように排泄されるのか、またCOVID-19ワクチンのどのような成分がワクチン接種者により伝播されうるのかを明らかにするための薬物動態学的研究が必要である、と彼女は述べた。

引用 The Epoch times

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00