Home 政治バイデン犯罪一家 [世論調査]もし賄賂を受け取ったなら、バイデン氏は大統領の座を去るべきだとアメリカ人の過半数以上が回答

[世論調査]もし賄賂を受け取ったなら、バイデン氏は大統領の座を去るべきだとアメリカ人の過半数以上が回答

by Jack World News

新しい世論調査によると、アメリカの成人の63%の大多数が、外国勢力による汚職と賄賂の疑惑が事実であると証明された場合、ジョー・バイデン大統領は大統領の職を去るべきだと考えている。

I&I/TIPPの新しい世論調査によると、33%がバイデン大統領は弾劾されるべきであると考えており、30%がもし疑惑が事実であれば即刻辞任すべきであると答えている。

大統領を続投させ、2024年に再出馬させるべきだと答えたのはわずか20%。

政党別では、共和党支持者の85%がバイデン氏を弾劾または辞任させるべきだと考えており、うち53%が弾劾を求め、32%が辞任すべきだと答えた。

無党派層では、64%がバイデン氏は罷免されるべきだとし、その内訳は弾劾による罷免が33%、辞職が31%。さらに15%が再出馬を認めるべきと答え、21%がよくわからないと答えている。

大統領の党内では、民主党議員の45%が大統領を弾劾または辞任させるべきだと考えており、その内訳は、弾劾させるべきだが19%、容疑が事実と証明されれば辞任させるべきだが26%。バイデンが大統領職にとどまり、再選を目指すべきだと考える民主党議員は35%に過ぎない。

ジョージ・ワシントン大学のジョナサン・ターリー法学教授は、先週Fox Newsが発表したオピニオン記事の中で、ホワイトハウスは、バイデン大統領が息子のハンター・バイデン氏の海外ビジネス取引について、いかなる知識も持っていなかったと常に否定してきたことを指摘した。

「バイデン大統領は、大統領選のキャンペーンから最近に至るまで、息子の影響力斡旋計画について、明確かつ一貫した立場を維持してきた。」

「事実上のマントラのように、バイデン大統領、そしてホワイトハウスのスタッフは、息子が関わってきた外国とのいかなる取引も知らなかったと断固として主張してきた。」

しかし、先週の司法取引に失敗した公聴会で、ハンター・バイデン氏は法廷で、中国共産党とつながりのある会社から50万ドル以上を受け取ったことを認め、バイデン一家は誰も “中国から金儲け “はしていないという父親の主張と矛盾した。

ジョーは2020年の討論会でドナルド・トランプ大統領にこう言った。「中国から金を稼いだのはこの男(トランプ)だけだ。彼だけだ。他の誰も中国からお金を稼いだことはない」

ハンター・バイデン氏は、CEFCの中国ビジネス・パートナーに1000万ドルを要求したと報じられている。

下院監視委員会のジェームズ・コーマー委員長は、銀行取引明細書と20ものペーパーカンパニーが、バイデン一族が外国代理人から4000万ドル以上の賄賂を受け取った可能性を示していると述べた。

「これは組織犯罪だ。これ以外に定義しようがない。」

世論調査は7月5日から7日にかけて、アメリカの成人1,341人を対象に行われた。誤差はプラスマイナス2.7%ポイント。

引用:Newsmax

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00