Home 政治トランプ大統領 フルトン郡保安官「トランプ氏が起訴されたら、通常通りマグショットを撮ります」

フルトン郡保安官「トランプ氏が起訴されたら、通常通りマグショットを撮ります」

by Jack World News

ジョージア州フルトン郡保安官は、前大統領が起訴された場合、同事務所はトランプ氏を、犯罪で告発された他の人物と同様に扱うと述べた。

パット・ラバット保安官は、同事務所がトランプ氏の指紋を採取し、顔写真を撮ると述べた。

WSB-TVによると以下の通り。

フルトン郡のパット・ラバット保安官は、ドナルド・トランプ前大統領がフルトン郡で起訴される可能性に備えていると述べた。

大陪審によって起訴された場合、前大統領は犯罪で告発された他の人と同様に扱われ、指紋や顔写真も採取されるという。

「誰かが違うと言わない限り、我々は通常の慣行に従って動くので、その人の身分に関係なく、顔写真(マグショット)の準備をします」とラバット保安官は語った。

月曜日、ジョージア州で2020年の選挙に挑戦するトランプ氏の言動に対して、フルトン郡ファニ・ウィリス検事の調査を打ち消すためのトランプ氏への2度目の入札を、判事が拒否した。

一方、ファニ・ウィリス検事は「準備万端」と伝えられ、来週中にもトランプ氏を起訴する準備を整えている。

フルトン郡検察は、ジョージア州で2020年の選挙に挑むトランプ氏に対する広範な恐喝罪の準備を進めている。

『ガーディアン』紙のリークによると、フルトン郡のファニ・ウィリス地方検事は、8月の最初の2週間にトランプ大統領を起訴する可能性が高いという。

ファニ・ウィリス検事は、後に改ざんされ、フェイクニュースのワシントン・ポストにリークされた、トランプ大統領とジョージア州当局者との通話をもとに捜査を行った。

ワシントン・ポストは完全に詐欺的な通話内容を掲載した。このようなインチキ告発は、すでに複数の保守系メディアなどによって論破されている。

木曜日の夕方にはオレンジ色のバリアが張られ、トランプ氏が2020年の選挙を懸念してジョージア州のブラッド・ラフェンスパーガー長官に電話をかけたことをめぐって起訴されるかもしれないという憶測を呼んでいる。

フルトン郡からの差し迫った起訴は、ジャック・スミス特別顧問がトランプ氏に連邦政府の追加告発をした直後に行われることになる。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00