Home 社会気候・環境問題 EU、ビル・ゲイツ氏の計画「太陽を遮ることで地球温暖化と戦う」を支持

EU、ビル・ゲイツ氏の計画「太陽を遮ることで地球温暖化と戦う」を支持

by Jack World News

欧州連合(EU)は、マイクロソフト社の共同設立者であるビル・ゲイツ氏の過激な計画「地球温暖化対策」を支持した。

EUは、この計画の有効性を検証する国際的なグローバリストの取り組みに参加する。

いくつかの国の政府は、太陽の光をそらせたり、地球の気象パターンを変えたりするような大規模な介入が、”気候変動と戦う”ための実行可能な選択肢かどうかを判断するために、国民の意思が反映された選挙で選ばれたわけでもない、官僚的な機関に加わる。

ビル・ゲイツ氏は長い間、太陽を遮る実験的な地球工学を使って「地球温暖化」と戦う計画を提唱してきた。

ゲイツ氏と左翼の大富豪ジョージ・ソロス氏が推進するこのアイデアは、人工の白い雲を大気中に送り込み、太陽光を地表から反射させるというものだ。

この過激な計画は地球の気温を下げ、「地球温暖化対策」になると言われている。

ソロス氏は、この技術が氷床の融解を防ぐのに役立つと主張している。

特にグリーンランドの氷床が溶けることは、人類の文明を破滅させる可能性があると彼は主張した。

「私たちの文明は、気候変動のどうしようもない進行のために崩壊の危機に瀕している」とソロス氏は言った。

「グリーンランドの氷床が溶ければ、海面が7メートル上昇する。

「それは我々の文明の存続を脅かすものだ」と彼は主張した。

ビル・ゲイツ氏が推進する方法は、成層圏のエアロゾル濃度を高めて太陽放射を地球から反射させるというものだ。

ゲイツ氏は、気球を使ってエアロゾルを散布するハーバード大学の大規模プロジェクトに資金を提供している。

しかし、ゲイツ氏のハーバード・プロジェクトは、この計画に対する世論の反発を受けて中止された。

ブルームバーグが見た文書草案によると、EUは、水や食料の不足が紛争や移住の引き金になる可能性など、「地球温暖化」が安全保障に与える影響を評価している。

その評価の一部には、大気を再エンジニアリングすることの潜在的な危険性を研究することも含まれている。

「これらの技術は、人々と生態系に新たなリスクをもたらすと同時に、国家間の力の不均衡を増大させ、紛争を引き起こし、無数の倫理的、法的、統治的、政治的問題を引き起こす可能性がある。」

この研究に着手することで、EUは、いわゆる気候ジオエンジニアリングが優れた科学なのか、それとも単なるSF的な気晴らしなのかをめぐる議論に巻き込まれることになる。

このような地球工学計画は、地球とその大気にとって潜在的に危険な意味を持つ。

EU圏は、まだ始まったばかりのこの分野のルール作りについて、国際的な議論がなされることを望んでいる。

文書によれば、「EUは、太陽放射修正を含む気候介入のリスクと不確実性を包括的に評価するための国際的な努力を支援する。」

このような大規模な介入は、科学の進歩や、地球温暖化を1.5度Cに抑えるというグリーンアジェンダの目標を各国がオーバーシュートするのではないかという懸念の高まりとともに出現した。

太陽の光を遮断することは、いわゆる “気候危機 “に対処するための計画として、現在頻繁に推し進められている。

しかし、批評家たちは、このような思い切った計画は、重要な雨のパターンを変えたり、地球を冷やしすぎて氷河期に突入させるなど、予期せぬ副作用をもたらす可能性があると警告している。

このような解決策について、国際的な不使用合意を求める科学者もいる。

一方、他の専門家は、「気候危機」の報告は、増税や自由制限のために国民の恐怖心を煽るために作られたデマだと主張している。

Slay Newsが以前報じたように、グリーンピースの共同設立者である著名な環境学者パトリック・ムーア博士は、反二酸化炭素のシナリオは詐欺であると国民に警告している。

生態学者であり、50年以上の環境活動家であるムーア博士は、大気中の二酸化炭素レベルの増加は有益であると主張している。

ムーア博士によれば、気候変動が “人為的なもの “だという主張は “プロパガンダ “であり、彼はそれを “危険なもの “だと表現している。

環境主義の第一人者であるムーア氏のコメントは、バイデン政権や国連(UN)や世界経済フォーラム(WEF)などのグローバリスト・グループが推し進めるグリーン・アジェンダと真っ向から対立するものだ。

ムーア氏は、環境保護主義は乗っ取られ、この運動は「感情とセンセーショナリズムを優先し、科学と論理を放棄した」と言う。

「グリーンピースが始まった当初は、全面的な核戦争による破壊から文明を救うという、強い人道的志向を持っていた。」とムーア氏は言う。

「グリーンピースの “平和”は、長い年月の間に次第に失われ、私の組織は、環境保護運動の多くとともに、人間は地球の敵であるという信念に流れていった。」

引用:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00