Home 政治2024年米大統領選挙 ラマスワミ氏、スミス氏によるトランプ氏への告発の情報公開請求に応じない司法省を提訴

ラマスワミ氏、スミス氏によるトランプ氏への告発の情報公開請求に応じない司法省を提訴

by Jack World News

8月1日、2024年米共和党大統領候補ビベック・ラマスワミ氏は、情報公開法(FOIA)請求に応じなかった米司法省(DOJ)を提訴したと発表した。

これらの要求は、ジョー・バイデン大統領を含むホワイトハウス高官が、メリック・ガーランド司法長官と司法省のジャック・スミス高官に、前米大統領でありバイデン氏の2024年大統領選挙のライバルの一人であるドナルド・J・トランプ氏の注目事件の起訴に関して何を伝えたかを明らかにしようとするものである。

ラマスワミ氏はツイッターの投稿で、1月6日のトランプ氏起訴に関連する同様のやり取りを調査するため、司法省に別の情報公開請求も行うと発表した。

彼は、特に政治家候補者が不正確な発言を故意に行う権利を保護する米国対アルバレスの最高裁判決を踏まえ、説明責任と透明性の重要性を強調した。

「米国対アルバレス事件において、最高裁は、政治家候補者は不正確な発言を故意に行う憲法修正第1条の権利を有すると判示した。元大統領や有力な大統領候補を起訴するのであれば、前例のない法理論に基づいてはならない。さらに、誰かが自分の弁護士に法律相談をしている場合、それを犯罪と呼ぶのは無理がある」とラマスワミ氏は言う。

その日の夜、FOX Newsのローラ・イングラハム氏とのインタビューで、ラマスワミ氏は起訴内容を批判し、採用されている法理論は前例がなく、薄っぺらなものだと述べた。彼は「ひどい前例になる」と述べ、起訴を “完全なバナナ共和国 “だと評した。

ラマスワミ氏はまた、この事件の裁判管轄と裁判官の選択に関する懸念にも言及し、公平性の欠如を示す可能性のあるつながりを強調した。彼は、起訴の政治的性質は国にとって有害であり、国民は透明性を求めるべきだと強調した。

『Gateway Pundit』紙は以前、この事件がオバマ大統領が任命したターニャ・チュトカン判事に割り当てられたと報じた。彼女はJ6(1月6日暴動事件)判事の中で “最も厳しい懲罰者 “と呼ばれている。

「裁判管轄と裁判地の選択がなぜ重要なのか、その理由がよくわかる。ジャック・スミスは自分のしていることをよく理解していると思う。ローラ、それがこの問題の真実だと私は思う。彼らは、トランプを捕まえるまで、あるいは彼を連れてくるまで、止めるつもりはない。」

「私はトランプに対抗して立候補している者として言う。私は共和党の予備選で3位につけている。ドナルド・トランプが競争からいなくなれば、私は楽になる。だが、私たち対立候補の誰もが、それを望むべきではない。なぜならそれはこの国にとって悪いことだからだ。だからこそ、トランプに対抗する私たちは、こうした政治利用された起訴に反対する強い姿勢を示すことが重要だと思う」と付け加えた。

インタビューの中でラマスワミ氏は、情報公開請求が実質的な回答なしに却下された後、司法省に対して訴訟を起こしたことを明らかにし、さらにこの問題を調査するために新たな情報公開請求を行う予定であることを明らかにした。

「バイデンとメリック・ガーランドがジャック・スミスに語ったことの真相を究明するためだ。これこそ、国民が本当に求める透明性です。私は、特別検察官という特別なベールが、彼らが見せかけているほど本当にすごいものだとは思っていません」と彼は語った。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00