Home TechSNS マスク氏、投稿や「いいね!」を理由に雇用主から不当な扱いを受けたユーザーの法的請求を賄うと約束

マスク氏、投稿や「いいね!」を理由に雇用主から不当な扱いを受けたユーザーの法的請求を賄うと約束

by Jack World News

イーロン・マスク氏、コンテンツの投稿や「いいね!」を理由に雇用主から不当な扱いを受けたユーザーの法的請求を賄うと約束

マスク氏は8月5日のXへの投稿で、この動きを発表し、訴訟の規模にかかわらず、潜在的な訴訟をサポートすることを約束した。

このプラットフォームに何かを投稿したり、「いいね!」を押したりしたことが原因で、雇用主から不当な扱いを受けた場合、私たちはあなたの法的請求に資金を提供します。上限はありません。ご一報ください」と、Xの億万長者のオーナーは書いている。

マスク氏はその後、ソーシャルメディア上の活動で従業員を罰する企業に対する広報キャンペーンも展開すると付け加えた。


「米国では、法的措置の脅しほど素早く行動を変えるものはない」というコメントに対して、マスク氏はこう書いた。

マスク氏は、ユーザーが弁護士費用を請求する方法について、それ以上の詳細は明かさなかったが、一部のユーザーは、弁護士費用に値すると思われる人物を示すために、すぐに手を挙げている。

雇用主による不当な扱いの被害者とされる人物の中には、ビデオゲーム会社リミテッド・ラン・ゲームズの元従業員、カーラ・リンがいる。彼女は今年初め、トランスジェンダー活動家から「右翼トランスフォビア」と称するアカウントをフォローしている「トランスフォビア」だと非難され、解雇された。

リンさんの解雇を求める活動家たちは、彼女がリミテッド・ラン・ゲームズで働き始める4年前の2016年の投稿も掘り起こした: “もしあなたが、トイレの使用について泣いているトランスの[数]が、言い訳を使っている変態よりも多いと思うなら、あなたこそこの世界では間違っている。”

ハリー・ポッターの作者であるJ.K.ローリングの女性観、例えば、女性であっても月経がないトランスジェンダーは本当の女性ではない、といったような女性観から、一部の活動家がボイコットすると脅している。

リミテッド・ラン・ゲームズ社は、活動家たちがリン氏の雇用について苦情を申し立てたわずか数時間後にリン氏を解雇し、”インクルーシブな文化をサポートすることに引き続き尽力する “とし、”誰にとってもポジティブで安全な環境を育みたい “と声明を発表した。

マスク氏はこの話に興味をそそられた様子で、リンさんの正義を求める投稿に対して、”カーラ、それは正確なのか?”と質問した。

するとリン氏はこう答えた:
”事態は見出しよりも少し複雑です。でも、そうです”
“私のツイートを探って、トイレの議論に便乗する人々のためらいに関する2016年のツイートを1つだけ見つけた人物によって導かれました。魔女狩りが始まり、私はその日のうちに解雇されました」と彼女はフォローアップの投稿で説明した。
「もし興味があれば、もっと話をしたい。」

「いいね、やってみよう!」とマスク氏は書いている。

土曜日の発表は、Xが先週、”オンライン憎悪と偽情報 “を研究する英国の非営利団体、Center for Countering Digital Hate(CCDH)を相手取って起こした訴訟に続くものだった。

カリフォルニア州の連邦裁判所に提出された訴状の中で、ソーシャルメディア企業は、CCDHがマスクの買収以来ヘイトスピーチが盛んになったと主張することで、「Xプラットフォームから広告主を追い払うための恐怖キャンペーン」を開始したと主張している。

具体的には、CCDHは、マスク氏がツイッターを買収して以来、中傷を含む投稿の量が最大で202%増加し、LGBTと「グルーミング」を結びつける投稿の数がその間に2倍以上になったことがわかったと主張した。また、有料検証は “偽情報の拡散を助けている “とも主張している。

「CCDHは、Xで毎日行われる何億もの投稿の中から選び出し、Xのプラットフォームが有害なコンテンツで溢れていることを示す統計的な裏付けがあると虚偽の主張をするために、CCDHが必要とする保護されたX社のデータに不当にアクセスすることを目的とした一連の違法行為に従事することによって、このようなことを行った」と同社は主張し、CCDHがXと協力しているソーシャルメディア分析会社であるブランドウォッチの許可なくXのデータを入手したと非難した。

同社は、「CCDHの主張をすべて否定するだけでなく、独自の調査を通じて、CCDHが表現の自由を妨げるために積極的に働いているいくつかの方法を特定した」と述べた。その中には、”CCDHが同意しない問題について発言するすべてのプラットフォーム上の人々を標的にする”、”CCDHのイデオロギー的アジェンダに合致しない意見を持つユーザーのデプラットフォームを強要しようとする”、”人々のための無料サービスを削除するために、その収益源に焦点を当てることによって、言論の自由を守る団体を標的にする “といった疑惑が含まれている。

CCDHの創設者であり最高経営責任者であるイムラン・アーメッド氏は、8月1日の声明の中で、この訴訟について、Xのオーナーが “彼自身の決定と行動を批判する者を黙らせようとする試み “であると述べている。

「デジタルヘイト対策センターの調査によると、マスク氏の所有するプラットフォーム上では、ヘイトや偽情報が燎原の火のごとく広がっており、この訴訟は、そうした取り組みを黙らせようとする直接的な試みである。マスク氏は、自分が作り出した有害な環境に対処するのではなく、自分のプラットフォーム上の有害なコンテンツを強調する『メッセンジャーを撃とうとしている』のだ。

引用:The Epoch Times

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00