Home 政治魔女狩り裁判 マット・ゲーツ議員、ジャック・スミス氏を下院司法委員会に召喚すると発言

マット・ゲーツ議員、ジャック・スミス氏を下院司法委員会に召喚すると発言

by Jack World News

フロリダ州選出の共和党議員マット・ゲーツ氏は、ジャック・スミス特別検察官に鋭い質問を浴びせたいと考えている。

ドナルド・トランプ前大統領がスミス氏によって2度目の起訴をされたことで、スミス氏を支援する資金を取り除くよう求めているゲーツ氏は、怒りを露わにした。

スミス氏が主導した捜査で機密文書を誤って扱ったとして先に起訴されたトランプ氏は、2020年の大統領選挙に挑むための共謀罪で木曜日に起訴された。

「下院共和党は、ジャック・スミスが今後15日以内に司法委員会のインタビューに応じるよう、直ちに要求すべきだ」と、ゲーツ氏はYouTubeに投稿したニュースマックスのインタビューで語った。

「もし彼がそれをしないなら、召喚状を送るべきだ。もし彼が召喚状を無視するならば、我々は彼を議会侮辱罪で刑事罰に処すべきだ。そうすれば、彼はアメリカ史上初めて、自分が刑事侮辱罪に問われながら事件を起訴した検察官になる」とゲーツ氏は語った。

そしてゲーツ氏は、メリック・ガーランド司法長官を訴追する用意があると述べた。

「もしメリック・ガーランドがその侮辱罪を執行しないなら、我々はメリック・ガーランドを弾劾すべきだ」と彼は言った。

「このことがいかに政治的で、実に汚いものになっているかを示すために、議会の免責特権を利用してトランプ大統領を免責することができる、と彼は言った。

ゲッツ氏は、「議会のどの委員会や小委員会にも、証人を召喚し、連行し、部分的に免責する権限を与える」その条項を引用した。

ゲーツ氏は、”選挙干渉と司法省の悪用に関しては、議会の公平性を守る必要がある”と述べた。

「これはすべて、ハンターとジョー・バイデンが犯した非常に現実的な犯罪から目をそらそうとする努力だ。」

「ジョー・バイデンが今ビーチに行っているのは偶然ではないが、彼らの元ビジネス・パートナーであるデヴォン・アーチャーが、ジョー・バイデンは機能的にクローザー(まとめ役)であり、彼らが国際的な影響力の売り込みに従事できるようにバイデンというブランドに信頼性を与えた人物である、と言ったことに続いて、この(トランプ氏の)起訴が憲法修正第1条で保護された活動を拷問しているように読めるのは、特に偶然ではない」と彼は言った。

ジョージア州選出の共和党議員マージョリー・テイラー・グリーン氏は、必要であればホルマン・ルールを発動し、スミス氏を阻止すると語った。

このルールは、連邦議員が特定の項目、例えば一人の給与をゼロにし、それを減額することを可能にするものである。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00