Home 政治トランプ大統領 トランプ大統領、ペンス氏を非難 「あいつはダークサイドに行った」

トランプ大統領、ペンス氏を非難 「あいつはダークサイドに行った」

by Jack World News

ドナルド・トランプ大統領は土曜日の午後、マイク・ペンス前副大統領をトゥルースソーシャルの投稿で非難したが、これはおそらく憲法修正第1条の限界を試すものだろう。

オバマ大統領が任命したターニャ・チュトカン判事が裁判長を務めるトランプ氏の裁判の証人になるかもしれないペンス氏は、トランプ氏に対する大陪審の調査中に証拠を提出したと考えられている。

これは現時点では確認されていない。

ペンス氏はまた、2024年の共和党大統領候補指名争いでトランプ氏に挑む政治的ライバルでもあり、トランプが大統領選の文脈で、選挙と1月6日についての争いをめぐってペンス氏を批判することが許されるのかどうかという問題が生じている。

ウパディヤヤ判事は罪状認否でトランプ氏に警告した:

「最後に、陪審員に影響を与えようとすること、証人やあなたの事件に関する情報を持っている可能性のある人物を脅したり買収しようとすること、あなたの事件に関する情報を検察に提供した人物に報復すること、その他司法の運営を妨害することは犯罪であることを忘れないでください。」

トランプ氏は土曜日の午後に以下のように投稿した。

「わお、ついに起きた!リドル・マイク・ペンスは、私が現れて副大統領にするまで、インディアナ州知事を追放されようとしていた男だが、ダークサイドに行った。私は、新たに奮起した(彼の2%の世論調査の数字に基づくものではない!)ペンスに、憲法よりも私を優先しろ、とか、マイクは “正直すぎる”、などと言ったことはない。彼は妄想癖があり、今は自分がタフガイであることを示したがっている。私は以前、マイクに関するメジャーな雑誌の記事を読んだことがある。そこには、彼はあまり良い人間ではないと書かれていた。驚いたけど、その記事は正しかった。悲しい!”

ペンス氏は金曜日、ニューハンプシャー州でトランプ支持者と対峙した。

ペンス氏は土曜日、トランプ支持者との対決を自慢する声明を発表した。「マイク・ペンス、トランプ支持者に憲法を読めと言う。」

トランプ氏がペンス氏を批判したことで、いつものトランプ錯乱症候群の投稿がワラワラと湧いて出てきた。

「もうたくさんだ。トランプはトゥルース・ソーシャルにこんな投稿をした。マイク・ペンスはトランプに対する選挙妨害の連邦裁判で証人になることは確実だ。これは裁判官がトランプに禁じている証人改ざんだ。今すぐ刑務所に入れろ。」

「ザ・フライはソーシャルメディアのアカウントで、トランプ被告がペンス証人を公然と攻撃することは違法であると述べた」

「意図的であろうとなかろうと、ペンスに対するトランプのフォローアップの罵詈雑言は、チュトカンに対する一種の嘲笑のように読める。早々にけじめをつけようとするのは彼のためになるとは思えないが、それが彼の狙いなのだろう。」

「話し続けろ。ヤツは釈放条件違反で刑務所に入れられるリスクを冒すつもりだ」

“NEW:トランプ大統領、ワシントンDC事件で自身を敵視する証人を公然と直接追及 @TheJusticeDept”

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00