Home 政治2024年米大統領選挙 “売国奴 “で “裏切り者 “のマイク・ペンス氏、ニューハンプシャー州での選挙活動中に罵声を浴びる

“売国奴 “で “裏切り者 “のマイク・ペンス氏、ニューハンプシャー州での選挙活動中に罵声を浴びる

by Jack World News

マイク・ペンス前副大統領は金曜日、ニューハンプシャー州ロンドンデリーのアメリカ在郷軍人会ポスト27で開かれたタウンホールミーティングで、ドナルド・トランプ前大統領の支持者たちから激しい批判と罵声を浴びた。

ペンス氏は、トランプ前大統領とアメリカ国民への忠誠を疑問視し、憲法を無視していると非難するデモ参加者に直面した。

ABCのケルシー・ウォルシュ記者によれば、金曜日のタウンホールに到着したマイク・ペンスの車をトランプ支持者が取り囲み、「裏切り者だ」「お前は売国奴だ」と叫んだという。

「なぜ国民を売り渡したんだ。」

別の抗議者は、なぜ “憲法を守らなかったのか “とペンス氏に尋ねている。

「私は憲法を支持した。読んでください」とペンスは主張した。

ただ皮肉にも、この告発は、前副大統領が2020年大統領選の結果を証明する役割を担っていたことに明確に言及している。

FOXニュースとのインタビューで、マイク・ペンス氏は “1月6日に不正投票を拒否する権限があったことを暗に認めている”。

「一時停止を求められただけではありません。大統領は私に、そして彼のお抱え弁護士たちは私に、文字通り投票を拒否するよう求めた。」

トランプ大統領は、2021年1月6日の連邦議会上下両院合同会議を主宰する際、各州の選挙結果に対する異議申し立てを受け入れ、それらの州に選挙を見直す時間を与えるよう、ペンス大統領に強く働きかけた。ペンス氏はトランプ氏の懇願を拒否し、1887年の選挙人数法に基づき法的権限があるとするトランプ氏の意見に反対した。

カリ・レイクはこう反応した。
「私たちの国を破壊し、敵から賄賂を受け取り、ジョー・バイデンのような、第三次世界大戦に突入させようとしている非合法な “大統領 “がいるカオスのようなものですか?マイク・ペンス……あなたには失望しました。」

トランプ弁護士のクリスティーナ・ボブはこう書いている。
「私達を混乱から救ってくれてありがとう。もう3年も混乱が続いている。帰れ、マイク」

WMURより:

「私は常に、憲法を支持し擁護するという宣誓を守ると、心の中で信じてきた。
– 神のご加護により、私はその日にふさわしいことをしたのです」とペンス氏は後に語った。

しかし、タウンホールでペンス氏は、トランプ支持者が暴力的な集団であるという考え方に対して、すぐに反発した。

「情熱が暴力や破壊行為に結びついたという指摘は否定します。」と、1月6日に関する有権者の質問に答えた。
「私はこの運動の人々が、私を支持しているかどうかにかかわらず、この国で最高の人々であることを知っています。」

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00