Home 政治アメリカ政治 ビル・バー元司法長官、再びディープ・ステートを庇う

ビル・バー元司法長官、再びディープ・ステートを庇う

by Jack World News

ビル・バー元司法長官はトランプ大統領の最新の起訴後、CNNに駆け込み、アメリカにおける言論の自由の終焉を歓呼した。

ビル・バー: 正当な事件だと思います。文書事件とは異なり、立証に問題があると思います。より複雑な事件です。彼らは彼の憲法修正第1条の権利を攻撃しているわけではありません。彼が何を言おうと勝手だが、だからといって共謀罪の適用を免れることはできない。すべての陰謀には言論が含まれ、すべての詐欺には言論が含まれる。

この裁判は、アメリカでは政府が言論を統制することができ、一線を越えれば刑務所に入れることができるという考え方のもとに成り立っている。

アメリカ史上、最も非アメリカ的な事件である。

スティーブン・ミラー氏が最も良いことを言った。ミラー氏は水曜日の夜、トランプ氏に対する最新の政治的告発の危険性について、エリック・ボリング氏と語った。

スティーブン・ミラー: この起訴状は、それほど多くの言葉ではありませんが、もし私たちの司法省と司法省の検察官が、あなたが市民として、あるいは選挙で選ばれた役人として、私たちが認識しているような真実を語っていないと認識したならば、あなたを刑務所に入れることができる、と言っているのです。

ビル・バー氏は、この件に関して真実を語るよりも、この国の個人の権利を破壊することに前向きだ。彼は我々が思っている以上に悪い人物だ。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00