Home 生活コロナワクチン 2022年のCOVID-19による死亡者の92%が3回以上のワクチン接種を受けていたことが判明した

2022年のCOVID-19による死亡者の92%が3回以上のワクチン接種を受けていたことが判明した

by Jack World News

Covidウィルスによって死亡した人々の圧倒的多数が、このCovid-19ウイルスのmRNAワクチンを3回以上接種していたことが明らかになった。

英国政府は、2022年のCovid-19ウィルスによる死亡者数を公式に発表した。

そのデータによると、2022年全体を通して、3回以上ワクチンを接種した人がCovid-19による死亡者の92%を占めていることが明らかになった。

また、過去2年間のイングランドにおけるCovid死亡者10人のうち9人が3回以上の予防接種を受けていたことも明らかになった。

2023年2月21日、英国政府機関である国家統計局(ONS)は、2022年12月31日までのイングランドにおけるワクチン接種状況別の死亡者データをひっそりと公表した。

ONSからの期限切れのデータセットのタイトルは “Deaths by Vaccination Status, England, 1 April 2021 to 31 December 2022 “である。

データはONSのサイトからアクセスでき、ここからダウンロードできる。

2021年4月1日から2022年12月31日までにCovid-19で死亡したすべての人のmRNAワクチン接種状況を確認することができる。

ONSの2022年10月の数字はこうなっている:

上記からわかるように、Covid=19による死亡者の大半は、その月にCovid-19ワクチン注射を3回以上受けていた人たちである。

しかし、これは異常ではない。

次のグラフは、2021年4月1日から2022年12月31日までの21カ月間にイングランドでONSが記録したCovid-19による月別死亡者数をCovid-19ワクチン接種状況別に示したものである:

上のグラフは、コビッド注射が有効でないことを示唆している。2021年5月、Covid-19による死亡者数は最も少なく、ワクチン接種者では205人、ワクチン未接種者ではわずか84人であった。

しかし、1年早送りすると、Covid-19による死亡者数は450%も急増し、ワクチン接種者では1,494人、ワクチン未接種者ではわずか96人となっている。

Covid-19ワクチン注射が効果的であれば、死亡者数は増加するどころか、年々減少しているはずである。

それどころか、データからわかったことは、ワクチン未接種者のCovid-19による死亡はほとんど無視できるほど少なくなっているということである。

一方、ワクチン接種者の死亡は、時間の経過とともに深刻化しています。

例えば、2021年4月1日から12月31日の間に17,150人のCovid-19による死亡があったが、そのうち13,116人がワクチン接種者であり、4,034人がワクチン未接種者であった。

つまり、Covid-19による死亡の76.5%はワクチン接種者であり、ワクチン未接種者の死亡は23.5%であった。

2022年4月1日から2022年12月31日までのCovid-19による死亡者数は17,161人で、11人しか増えていない。

しかし、そのうちのわずか970人がワクチン未接種者であったのに対し、16,191人がワクチン接種者であったという違いがある。

つまり、2021年にはCovid-19による死亡の76.5%がワクチン接種者、23.5%がワクチン未接種者であったのが、2022年にはCovid-19による死亡の94%がワクチン接種者、6%がワクチン未接種者ということになる。

以下のグラフは、2021年4月1日から2022年12月31日までのワクチン接種状況別の死亡者数を示している:

2021年4月1日から2022年12月31日の間にイングランドで死亡したCovid-19の死亡者数は45,191人で、そのうち38,884人がワクチンの完全接種者であった。

一方、ワクチン未接種者の死亡はわずか6,307人であった。

つまり、21ヶ月間のCovid-19による死亡者数の86%(10人に9人)を完全ワクチン接種者が占めたことになる。

残念なことに、2021年冬に行われたCovid-19ワクチン「ブースター」大量接種キャンペーンは、ワクチン接種集団の膨大な数の死亡を軽減する効果はまったくなかった。

それどころか、ワクチン接種ブースター・キャンペーンが事態を悪化させたというデータもある。

以下のグラフは、2022年を通してのCovid-19による死亡者数をワクチン接種状況別に示したものである:

2022年1月1日から2022年12月31日の間にイングランドで死亡したCovid-19感染の死者数は28,041人であった。

そのうち25,758人がワクチンの完全接種者であった。

ワクチン未接種者の死亡者数はわずか2,273人であった。

つまり、2022年1年間を通して、Covid-19による死亡者の92%をワクチンの完全接種者が占めたことを意味する。

また、年末までに5回目のCovid-19注射が一般に提供されるにもかかわらず、ワクチン接種者の死亡の大半を占めるのは、最も多く接種を受けた人々である。

Covid-19ワクチン注射が本当に死亡を95%防ぐ効果があるのなら、直近のデータを検証すれば、このような数字は期待できないだろう。

引用:slaynews

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00