Home 政治トランプ大統領 【速報】トランプ機密文書事件を担当するキャノン判事が特別検察官を痛烈に糾弾!

【速報】トランプ機密文書事件を担当するキャノン判事が特別検察官を痛烈に糾弾!

by Jack World News

トランプ前大統領の機密文書事件を担当する判事は月曜日、連邦検察官を厳しく糾弾し、検察側の提出した2つの文書を取り消した。

このニュースを伝える トランプ大統領が任命したフロリダ州のアイリーン・キャノン判事は、また、”この地区で起訴された件に関連する事柄について、地区外の大陪審の手続きを使って調査を続けること、および/または起訴後の審理を求めることの法的妥当性 “についての説明を要求した。

現状 提出書類の中で、キャノン判事は、トランプ大統領のウォルト・ナウタ被告の弁護士であるスタンリー・ウッドワード氏に関する利益相反の可能性について審理を求める検察側の要求に答えた。

「ウッドワード氏は以前、ある証人の代理人を務めており、現在、彼の依頼人であるナウタ被告の裁判で政府が証言させる可能性のある他の2人の証人の代理人を務めているため、潜在的な対立が存在する」と検察側は先週、裁判所に提出した書類に書いている。

この状況により、ウッドワード氏は「過去または現在の依頼人に反対尋問をする立場になる」可能性がある、と検察側は付け加えた。

ナウタ氏の弁護士は、8月17日までに公聴会の申し立てに応じ、大陪審の存在に言及する必要がある、とキャノンは月曜日の提出書類に書いている。

検察側は8月22日までに回答書を提出しなければならない。

全体像 マイアミの連邦大陪審は6月、機密情報の保持と司法妨害に関する罪でトランプを起訴した。

7月の追加起訴では、トランプ大統領とナウタ氏が大陪審への提出を防ぐため、マール・ア・ラーゴのメンテナンス作業員に監視カメラの映像を削除させようとしたとし、書類送検で追加起訴された。

ワシントンD.C.の別の大陪審は先週、2020年の選挙を覆そうとした疑いでトランプを4つの訴因で起訴した。

引用:

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00