Home 政治不正選挙 今、不正選挙の証拠がある 。GP独占レポート:2020年ミシガン州で大規模な有権者詐欺が発覚 – 警察が発見

今、不正選挙の証拠がある 。GP独占レポート:2020年ミシガン州で大規模な有権者詐欺が発覚 – 警察が発見

by Jack World News

警察が発見:数万件の偽登録、プリペイドギフトカード、サイレンサー付き銃、複数の使い捨て携帯電話、複数の州に複数の仮設施設を持つ民主党資金提供組織

ベンジャミン・ウェットモアとパティ・マクマレイによるGPによる独占レポート。この記事を掲載してくれたGPとGPへの寄稿と協力をしてくれたフィル・オハロランとロリ・スキボにみんなが感謝していると思います。なぜなら、2020年の大統領選挙で、不正選挙の確実な証拠をミシガン州が隠蔽していた事実が、明るみに出たわけです。そして、それが民主党が絡んでいたという事実です。妄想でも陰謀でもないということの証拠です。さらに言えば、これらの施設が各州にあるということです。なぜ?FBIは知ってて公表しなかったのか?この記事が明るみに出た後、下院司法員会がどう動くのか?トランプ大統領の不当な裁判にどのような影響が出てくるのか?注目したい。

さて、二人の選挙インテグリティ活動家は、州警察の報告書のコピーを入手し、6月から調査を開始した。現在、ミシガン州共和党の選挙インテグリティ委員会の委員長であるフィル・オハロランと、ミシガン州共和党の世論調査チャレンジャー・プログラムのディレクターであるロリ・スキボは、この記事に注目し、この記事の調査に協力してくれている。

2020年10月8日、2020年総選挙のわずか1カ月前、ミシガン州マスキーゴン市事務官アン・マイシュは、黒人女性(警察報告書では名前が伏せられている)が8000~10000通の有権者登録申請書を市事務官事務所に置いているのに気づいた。

マスキーゴン警察に連絡し、調査を依頼した。20年10月21日、マイク・アンダーソン一等警部補は、ミシガン州検事総長ダナ・ネッセル事務所の捜査主任トム・ファバスから連絡を受けた。ミシガン州警察の報告書によると、ファバス氏はマスキーゴン警察と司法長官が共同で行っている有権者の不正行為の疑いに関する捜査にミシガン州警察の協力を要請した。

捜査タスクフォースが結成され、捜査が開始された。

以下はミシガン州警察の報告書からの引用である:

20年10月16日、マスキーゴン市事務員アン・マイシュと副事務員キンバリー・ヤングは、直接または郵送で受け取った有権者登録申請書の不規則性に気づき、マスキーゴン警察に連絡した。

マスキーゴン市書記官は、その女性(警察報告書の最初の部分では名前が伏せられているが、その後、伏せられていない)が何千もの有権者登録証を事務所に手渡し、その多くが同じ筆跡であったことから不審に思った。

20年10月20日(有権者登録の対面申請の締め切り日)、容疑者はマスキーゴン市役所へ再び訪れ、追加の登録用紙を直接手渡した。マイシュは、(容疑者は)さらに2500枚の用紙を持参したと推定している。マイシュはマスキーゴン警察に連絡し、ローガン・アンダーソン刑事とショーン・ブライド警部が容疑者の非拘束面接を行った。

マイシュは、彼女の意見では、大量の有権者登録用紙は非常に疑わしいものであり、詐欺の可能性があると述べた。

マイシュの意見は、多数の用紙が同じ作者によって記入されたように見え、最初に調べたところ、複数の用紙の住所は無効か存在しなかったという事実に基づいている。

マイシュがさらに調査したところ、複数の書式に記載された電話番号に誤りがあり、複数の書式に記載された署名が国務長官に提出された署名と一致しないことが判明した。

例えば、[REDACTED]にある住所と[REDACTED]にある住所が含まれていた。

これらの住所はマスキーゴン市の家屋番号システムには存在しない。また、別の用紙には80 W. Southern Aveと記載されていたが、これはマスキーゴン高校の住所であり、明らかに住宅ではない。

報告書の後半では、容疑者の女性の名前は伏せられていた。

この事件を担当したミシガン州警察の捜査官は、容疑者の女性に話を聞いたところ、”未登録の有権者を探し出し、投票登録や不在者投票ができるように用紙を提供する “ことで週1150ドルの報酬を得ていると説明した。

唯一の問題は、有権者登録の筆跡が何件も同じで、住所の多くが存在しないか偽物だったことだ。

ミシガン州のダナ・ネッセル司法長官は現在、2020年の選挙で選挙人票の代替票を投じたとして、15人の高齢者とミシガン州共和党の元共同議長を起訴しようとしているが、ミシガン州警察に対し、マスキーゴン警察と司法長官の、複数都市で行われる可能性のある大規模な有権者詐欺の捜査に加わるよう要請した。

ダナ・ネッセル州知事の犯罪捜査課の2人のメンバーがこの作戦に配属されたが、不思議なことに、彼女はこの捜査について一般に言及しなかった。

今日に至るまで、ダナ・ネッセルは、自分の事務所と友人の事務所を知っていたにもかかわらず、ミシガン州における広範な不正投票の証拠はなかったと主張している、

ミシガン州の悪徳SOSジョセリン・ベンソンの事務所が、FBIに引き継がれる前に、ミシガン州警察とともに州全体で行われた大規模な捜査に関与していたことを知っていたにもかかわらずだ。

MI SOSのアナリストであるコリー・エイムズ氏は、「彼らが調査で見つけた多くの書類は、明らかに詐欺である」と認めた。ミシガン州SOSジョセリン・ベンソンもまた、ミシガン州では広範な有権者不正はなかったと主張し、国民に調査について言及しなかった。

今日、The Gateway Punditとミシガン州の親しい友人たちは、この忌まわしい報告書を暴露した記事を掲載した。ネット上でもかなり話題になっている。
この調査から得られた証拠は、2020年選挙の前にいくつかのスイング・ステート州に臨時事務所を設置した組織による、ミシガン州での何千何万もの不正投票に関わる犯罪的選挙詐欺を暴露している。

この爆発的な不正の捜査は、今日の今日まで隠蔽され、世間から埋もれていたわけだ。

ミシガン州警察はこれらの犯罪を記録し、数週間調査した後、調査をFBIに引き継いだ。
またしても、FBIは明らかに何も行動を起こさなかった。

マスキーゴンの警察は、総選挙の1カ月前の2020年10月に有権者の不正を調査していた。 ミシガン州の選挙調査官フィル・オハロランによれば、FBIは選挙犯罪の疑いについて追跡調査を怠った。

オハロランは現在、ミシガン州共和党の選挙インテグリティ委員長を務めている。

警察報告書は全体的に編集されているが、すべての名前が編集されているわけではない。
警察報告書には、この計画を実行している組織として『GBIストラテジーズ』の名前が挙げられている。

テネシー州を拠点とするこのグループは、バイデン陣営やさまざまな民主党選挙委員会と深いつながりがある。
公開された報告書では、主な関係者として『ブリラス』の名前も挙げられている。

2020年に出された警察の報告書は、GBIストラテジーズが2014年から活動していたことを明らかにした。
そして、GBIストラテジーズは2018年にダグ・ジョーンズ上院議員選挙キャンペーンから1,571,386ドルを受け取っていたことが判明した。それは彼らが関与した1つのレースに過ぎない。

調査員はまた、GBIストラテジーズが2018年に民主党上院議員キャンペーン委員会から188,000ドルを支払われていたことも発見した。(段落11)

GBIストラテジーズの従業員には時給15ドル、1日120ドルが支払われていた。 (段落8)

警察の事情聴取を受けた女性は、週給1150ドルで、レンタカーも与えられていたという。
彼女は “リローダブル・ペイカード “を与えられていたと語った。(段落3)

警察の報告によれば、ミシガン州サウスフィールドの家宅捜索では、”異なる “会社の数百枚のプリペイドカードと、”数十台の新しい使い捨て携帯電話が発見された “とのことである。

警察の報告書によると、ミシガン州フリントで多数の求人があり、ワシントンDCとイリノイ州シカゴで地域フィールド・マネージャーの募集があった。このグループは全米に支店を持っていた。捜査の過程で、警察は部分的に記入された有権者登録用紙も発見し、警察は「サプレッサーや光学機器、カスタマイズされたピストルが入ったセミオートマチックライフルが入ったペリカンケース」を発見した。あるケースには “4丁のライフルと4丁のピストル “があった。

警察の報告書によれば、これらの武器はATFを呼んで検査した結果、合法的かつ適法であると判断されたとのことである。

供述者(宣誓供述書に記入した証人)はまず、グランドヘイブンのホテルからカリフォルニア・アイケアの元店舗であるビジネスの場所までミニバンが移動するのを目撃した。
翌日、ルカー刑事に連絡が入った。彼はその住所に行き、従業員契約に関する情報が詰まったゴミ袋を見つけた。

宣誓供述者は、その場所で発見された記録は、選挙詐欺偽造の犯罪を決定し、誰が刑事責任を負い、誰が詐欺から利益を得たかを決定するために極めて重要であると考えた。

宣誓供述者はその後、フォスター巡査が作成したムケゴン警察報告書2020-19124のコピーと、ローガン・アンダーソン刑事による補足報告書、および事業所の捜索令状のコピーを入手した。

この警察文書の次の段落によると、マスキーゴン市の事務員アン・マイシュと副事務員キンバリー・ヤングが最初に警察に連絡したのは2020年10月16日であった。

マイシュとヤングは、不正と思われる複数の「ミシガン州有権者登録申請書」を受け取った後、警察に連絡した。

報告書によると、マイシュは申請書に記載された住所のいくつかが無効、あるいは存在しないように見えるという事実に基づいて意見を述べた。

また、いくつかの電話番号は無効であり、いくつかの署名は登録されているものと一致していた。

マイシュはまた、投票用紙の筆跡が同じで署名も似ており、すべての投票用紙がサウスフィールドとオーバーン・ヒルズの2カ所にある同じ会社から送られているように見えたことも指摘した。

Meischは、いくつかの用紙がBrianna Hawkinsと名乗る黒人女性によって直接マスキーゴン市事務局に投函されたと警察に語った。

ホーキンスさんの仕事は、有権者の登録と不在者投票の取得の手伝いだという。

マイシュは、この左翼組織がマスキーゴン市書記局に届けた有権者登録用紙はおよそ8,000~10,000枚にのぼり、その中から不正の疑いがある42枚をフォスター巡査に提供して調べてもらったと推定している。

マイシュは、フェイスブックのプロフィールを見て特定したと述べた。

従業員のブリアンナ・ホーキンスは、1日で8000~1万件の登録用紙を投函した!

調査員は「多数の有権者申請用紙が明らかに不正である」ことを発見した。

報告書には、警察が「数十台の新しい携帯電話」と「数百枚のプリペイドカード」を発見したと書かれている。

左翼の投票組織グループは、奇妙な理由でサプレッサー(サイレンサー)と自動小銃を持っていた。

それから3年近くが経ち、トランプ大統領は複数の訴追に直面している。検察と主流メディアによれば、トランプ大統領は「根拠のない」有権者詐欺の主張を「不正に」追求したためだという。

トランプ大統領は2016年にミシガン州の投票で15,000票差で勝利したが、4年後には隣のオハイオ州で得票率を伸ばしたにもかかわらず、ジョー・バイデン氏に15万票差で敗れるという不審な結果となっている。

ミシガン州の16人のトランプ大統領選挙人は、極左のミシガン州司法長官ダナ・ネッセルによって訴追されている、
物議を醸しているミシガン州司法長官のダナ・ネッセルによれば、彼らは『不正に』、適切に調査されていない組織的な不正投票があると信じたからだ。

公開された警察報告書は、全体的に編集されているが、すべての名前が編集されているわけではない。

警察報告書では、州内の複数の場所で広範かつ組織的な有権者詐欺に関与した組織として、『GBIストラテジーズ』の名前が挙げられている。

このテネシー州のグループは、バイデン陣営やさまざまな民主党の選挙委員会と深いつながりがある。発表された報告書では、主な関係者として「ブリラス」の名前も挙げられている。

警察の報告書はまた、この組織が展開の一環として州内のあちこちにレンタカーを使用していたことを指摘し、その活動場所のいくつかを挙げている。

選挙当日の夜、午前3時半にデトロイトの旧TCFセンターという施設でバイデン投票用紙の投函を行った不審なワゴン車には、レンタカー会社の登録車両が同乗していた。

下記の動画は以前、2020年GPが入手して公開された動画の再編集版だ。

Gateway Punditは、不在者データの中に答えのない統計的な異常があることを常に報告してきた。
ミシガン州全体で繰り返されている傾向として、不在者投票の中に組織的な不正投票があるようだ。

元国務長官であるミシガン州上院議員のルース・ジョンソンは、『Gateway Pundit』にこう語っている: 「私の推定では、ミシガン州では80万通を超える投票用紙が有権者でない人に送られ、その中には引っ越しした人や死亡した人、さらには未成年者や非市民も含まれています。

多くは州外に引っ越した人に送られた。これらの投票申請書が返送されると、書記官はその住所に実際の投票用紙を送ることになる。

投票申請書も実際の投票用紙も、『署名の一致』を真剣にチェックされることはなかった。
というのも、民主党のジョセリン・ベンソン州務長官が意図的に、署名が一致していると不法に仮定し、推定するよう事務員に助言したからである。

2007年からマスキーゴン市の事務官を務めているアン・マイシュからのこの情報は、FBIに照会された。

マイシュ事務官は、それ以前にも17年間、ミシガン州の他の市の事務官を務めている。FBIがこの調査で何かをしたという証拠はない。

実際、ビル・バーが任命した司法省の不正選挙担当弁護士は、保守派に対する政治的迫害で悪名高い人物でした。

この調査はまだ続きます。ご期待ください。とGP社も述べており、期待したいところだ。

GP社やフィル・オハロロン氏とロリ・スキボ氏に感謝する。

ミシガン州マスキーゴンでの大規模な有権者詐欺を示す2020年10月の警察報告書全文はこちら。

最後に:オハロラン氏は、彼らが「有罪が証明されるまで無実である」と信じており、公正な調査が一度も行われていないことを懸念していることを明らかにしたいと述べている。

引用:thegatewaypundit

2020 年の選挙期間を通じて、これらの民主党選挙委員会はこの特定の組織に 400 万ドル以上を提供しました。

バイデン大統領: 45万ドル
民主党上院議員選挙運動: 2,117,605ドル
DNC サービス コーポレーション: 1,031,856 ドル
アイオワ民主党: 493,100ドル
 
この調査は、2020年10月8日に8,000~10,000枚の記入済みの有権者登録申請書を市役所に預けている人物に気づいたミシガン州マスキーゴン市の職員の観察を受けて開始された。
 
この同じ人物が複数回戻ってきて、さらに 2,500 人の有権者を登録しました。
 
驚くべきことに、これらの登録の多くは、偽の住所と電話番号を含む同一の筆跡を示していました。
 
さらに、署名はミシガン州国務長官のファイルにある署名と一致しなかった
 
この警察報告書を一般に公開してくださったgatewaypunditに感謝します。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00