Home 生活パンデミック 英国の科学者、新たなパンデミックに備え「疾病X」ワクチンを開発

英国の科学者、新たなパンデミックに備え「疾病X」ワクチンを開発

by Jack World News

英国の科学者たちは、謎の 「疾病X」による新たなパンデミックに備え、ワクチンの製造に取り組んでいる。これはウィルトシャーにあるポートン・ダウンと呼ばれる非常に安全な研究所で行われている、とスカイニュースは報じた。このチームには200人以上の科学者が参加している。

科学者たちは、将来人々を病気にし、世界的に広がる可能性のある動物ウイルスをリストアップした。どのウイルスが次の大流行の引き金になるかわからないため、科学者たちはこれを「疾病X」と呼んでいる。

スカイニュースは、英国保健安全保障局(UKHSA)が運営するこの場所を特別に見学させてもらったという。彼らは、これらのウイルスを研究している間、安全性を保つために特別なラボでどのように作業しているかを見せてくれた。

『インディペンデント』紙によれば、活性ウイルスはこの施設の特別に安全な場所に保管される。科学者たちは、現在ワクチンがないウイルスや、予防接種のプロセスを改善できるウイルスを研究する。例えば、インフルエンザ、痘瘡、ハンタウイルスなどである。

UKHSAの責任者であるデイム・ジェニー・ハリーズ教授は、スカイニュースに次のように語っている。

「私たちがここで行おうとしているのは、新しい疾病X、新しい病原体が発生した場合の備えを確実にすることです。私たちは可能な限り、そのための事前準備をしてきました。」

「パンデミックを防ぐことができればいいのですが。しかし、もし防げず、対応しなければならないのであれば、私たちはすでにワクチンや治療薬の開発に着手しています。」

英国製薬工業協会のイノベーション・研究政策担当エグゼクティブ・ディレクターであるジャネット・バレンタイン氏は、「COVID-19のパンデミックは私たちに教訓を与えてくれた」と語った。

「並外れた介入と国民の犠牲によって、ウイルスの蔓延を遅らせることはできましたが、感染を止めることはできませんでした。」

「これには莫大な経済的、個人的犠牲が伴いました。しかし、最も重要な教訓は、パンデミックに打ち勝つ唯一の方法は、新しいワクチンや治療法を積極的に模索し、提供することであり、早ければ早いほど良いということです。」

ワクチン開発・評価センターは、100日ミッションへの英国の参加も強化する。これは2021年にG7が策定した世界的な計画である。その目標は、脅威を発見してから100日以内に、新たなパンデミックに対応するワクチンを準備することである、と『インディペンデント』紙は報じている。

引用:Insider Paper

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00