Home 社会LGBTQ+ 歌手のNe-Yo、トランスジェンダーを子供に押し付ける親に激怒「意味不明だ!」

歌手のNe-Yo、トランスジェンダーを子供に押し付ける親に激怒「意味不明だ!」

by Jack World News

歌手のNe-Yoが、子供に性別適合手術を受けさせる親に反対の声を上げている。

43歳の彼は土曜日、ポップカルチャー・サイトVladTVの司会者グロリア・ヴェレスとのインタビューで懸念を表明した。

「(子どもたちに)人生を変えるような決断を自分でさせるのは、いつからいいことなのか」とNe-Yoは疑問を投げかけた。「いつからそうなったんだ?」

代表曲の1つ「Let Me Love You」でも有名な彼は、親が親であることの意味を忘れかけていると思うと述べた。

「一日中キャンディーを食べさせれば、子どもはそうするようになる。」

「車の運転はまだできないが、性別は決められる」と彼は主張した。

Ne-Yoは、カリフォルニア州では両親が子供の性別を認めない場合、子供が家から追い出される可能性があると聞いたと述べた。ヴェレスがこれに対して「事実だ」と述べると、Ne-Yoは 「意味がわからない 」と言った。

彼女がどの法律に言及しているかは明言していないが、おそらくAB-957であろう。この改正法案は、親権争いをしている両親が “子供の性自認を肯定しない場合、児童虐待の責任を負う “と判断する可能性がある。

Ne-Yoとヴェレスは、子どもは感受性が強く、小さい頃はサンタクロースやイースター・バニーを信じるものだと話し合った。

彼は、子供たちに “誰がそうさせようとしているのかを認識させる”必要がある、と親たちに念を押した。

Ne-Yoは自慢の7人の子供を持つ父親である。彼は7月7日のインスタグラムの投稿で、自分自身の一番の役割について語った。

「僕は他の何よりも先に父親なんだ。お金でも、名声でも、技術への愛情でもない。彼らのためにやっている。彼らのためにやっている。」

「僕は完璧には程遠いが、それでいいんだ。子供たちは僕を愛してくれている。」

「僕は完璧には程遠いが、それでいいんだ。子供たちは私を愛してくれている。」

「私は私の一族を愛している! 私は自分のチームを愛している!そして、この人生のすべてと、次の人生も…次の人生も、ずっとそうだ!」

Ne-Yoは、自分の幼少期を振り返った。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00