Home 政治米下院議会 ゲーツ議員「トランプ氏は下院での証言で免責を得る可能性がある」

ゲーツ議員「トランプ氏は下院での証言で免責を得る可能性がある」

by Jack World News

フロリダ州選出のマット・ゲーツ下院議員は火曜日、ドナルド・トランプ前大統領を下院のどの委員会でも内部告発者として証言させ、ジャック・スミス特別顧問の訴追を免除するという異例の戦術を提案した。

ゲーツ議員は “チャーリー・カーク・ショー”のインタビューでこのアイデアを披露した。

ゲーツ氏は、議会、特に共和党が支配する下院は、トランプ氏に対する政治的迫害と思われるものに対抗するために、”公平性を発揮”しなければならないと主張した。その一つの方法として、トランプ氏を証人として呼ぶことだと語る。

「実際にトランプ大統領を議会に証人喚問することができ、そうすることで彼を免責することができる」とゲーツ議員はカーク氏に語り、免責には何層もの段階があるが、完全な免責のためには下院の超党派の投票が必要だと付け加えた。


「ケビン・マッカーシー下院議長が明日にでも特別委員会を立ち上げ、トランプ大統領を拘束し、免責することができる。そうすれば、われわれはバイデン家と腐敗した司法省に対して行っている極めて合法的な調査活動を進めることができる。」


ゲーツは、この戦術が過去にいつどのように使われたのか、カーク氏に具体的な例を挙げることはできず、「最近は使われていない」と認めた。


「私たちは明確に、どんな人間にも、法廷での質問に答えるのを拒否することができることを知っている。免責を与えれば、その権利を消滅させることができる。議会はこの能力を認めているのです」とゲッツは続けた。私たちは、あなたが私たちに何を言っても、それが何につながろうとも、あなたに免責を与えるのです。」

ゲーツ氏は、ほとんど “内部告発者保護 “を認めるようなものだと考えるべきだと述べた。

「究極の内部告発者であるトランプは、潜在的には議会の免責特権の受益者だ」とゲーツ議員は言い、特別顧問ジャック・スミス氏の訴追を無力化するために、トランプが自分に対する連邦政府の告発を証言するほど簡単ではないと付け加えた。

「トランプ大統領に最も広範な免責を提供できる領域は、ジャック・スミスが起こした陰謀罪や権利剥奪罪(真顔で言うのはほとんど難しいが)のあたりだろう」とゲーツ氏。

またゲーツ氏は、誰かを証言させるときには常にマイナス面があると述べた。

しかしゲーツ氏は、「この場合、私たちは自分たちの戦いを誤解していると思う」と述べた。

「議会で証言させることは、一般的にはあまり喜ばれることではありません。」

「今、司法省は民主党の執行部として機能している。」と彼は言った。
「もし議会が、現在進行中の問題だから我々は関与すべきではないという、この前提を受け入れるなら、まさにこの問題の正当性を強調することになる。」

引用:Newsmax

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00