Home 政治不正選挙 ”不法”を容認する民主党がまたアリゾナ州マリコパを再現か?オハイオ州で特別選挙当日に投票機が突然ダウン

”不法”を容認する民主党がまたアリゾナ州マリコパを再現か?オハイオ州で特別選挙当日に投票機が突然ダウン

by Jack World News

まるでデジャヴがオハイオ州を襲っているようだ。

アリゾナ州マリコパの騒動を覚えているだろうか。

テクノロジーが進歩し、過去の選挙が成功した今、選挙情勢において最も重要な州のひとつであるオハイオ州が、どうして大事な日に「ハプニング」に見舞われるのだろうか?

率直に言おう。 オハイオ州では2016年に計数上のハプニングはなかった。

2020年まで順調に機能していた。

しかし、2024年になると突然、彼らのマシンが謎の不調に見舞われる?

なんて都合がいいんだ。

確率は?皆さん、計算してみてください!

サミット郡選挙管理委員会のピート・ゼイグラー氏は、これを “しゃっくり”と呼び、さりげなく受け流したようだ。

しかし、局長のランス・リード氏は、スキャナーの問題を取り上げ、投票用紙の機械への投入に問題があった有権者についても言及し、少し違った調子で語っている。

せっかく投票したと思ったのに、不具合があったと知った有権者の苛立ちを想像できるだろうか?オレンジ色の補助袋のことも忘れてはならない。

いったい何人の有権者が補助袋を使わなければならなかったのだろうか?

オハイオ州で起きていることは、単なる些細なハプニングではない。

投票プロセスの神聖さを信じるすべてのアメリカ人にとって、これはまぎれもない警鐘なのだ。

これは単なる不規則な不具合ではなく、民主主義のプロセスを崩壊させかねないものであり、マリコパのような場所で見られた論争の反響なのだ。

オハイオ州のような重要な州がこの種の問題を抱えるようになれば、それはオハイオ州だけの問題ではなく、アメリカの問題である。

以前の選挙での論争や騒動の後では、選挙当日に機能する投票機を確保することが最優先事項だと思うだろう。

しかし、我々はまたここに戻っている。

また別の選挙で、また別の投票機の故障である。

私たちは以前にもこのような経験をしており、そろそろ明確で透明性が高く、誤りのない投票プロセスを求める時期に来ている。

私たち自身のためではなく、民主主義の未来のために。

アクロン・ビーコン・ジャーナル紙によると


サミット郡選挙管理委員会のインタビューで、ピート・ザイグラー副所長は、さまざまな投票所で新しい投票機への対応に「不都合」が生じたが、それが開票作業の遅れにつながるとは考えていないと述べた。

Cleveland.comが確認したところによると、投票機が作動しなかったため、票が袋に集められ、その袋に保管されたとのこと。
リード氏によると、投票用紙が機械に正しく送り込まれないというトラブルが何人も発生したという。技術的なエラーが修正されるのを待っている間、有権者は投票用紙をオレンジ色の補助袋に入れた。


そして最後に、ヘラルド・ディスパッチ紙は、追加の投票機を送らなければならなかったとさえ報じている。待ち時間のために投票権を剥奪された有権者がいた、ということなのだろうか?結局のところ、投票に並ぶために一日中仕事を休む余裕のある人などいるのだろうか?

ヘラルド・ディスパッチ紙によれば

火曜日にローレンス郡の投票所では、オハイオ州の有権者が第1号投票に長蛇の列を作ったため、投票機の増設が行われた。

かつては信頼されていたフォックス・ニュースでさえ沈黙しているこの時代に、選挙の完全性のために立ち上がり、戦ってくれる頼れる人物はいるのだろうか?

そこで、カリ・レイク氏の登場だ。

アリゾナ州の大胆不敵な元知事候補は、選挙での不祥事の気配に反対してきた実績を持つ。

今度のオハイオ州は、単なる数字ではなく、価値観やアメリカ民主主義の根幹に関わる投票法案を掲げている。それなのに、なぜ大事な日に何かが起こるのか。

投票機は故障し、投票用紙スキャナーは謎の故障を起こし、有権者は足止めを食らい、自分の声が届くのかどうか不安になる。

しかし、主要メディアがこの問題を避けて通る一方で、カリ・レイク氏はこの問題を正面から取り上げた。

マリコパ郡での論争との類似性を示しながら、彼女は責任者たちを非難し、透明性の低い選挙日であったと思われることの責任を追及した。

彼女の言葉を借りれば、この状況はマリコパで目撃されたのと同じ反則行為の臭いがし、まるで彼らのプレイブックからそのまま抜粋したかのようだった。

そして、オハイオ州のフランク・ラローズ州務長官は?

レイク氏によれば、彼は個人的な野心に気を取られ、オハイオ州民のためにスムーズな投票プロセスを確保するという重大な責任を置き去りにしたようだ。

聞き覚えがあるだろうか?

そう、私たちがいらいらするほど慣れ親しんできた怠慢と妨害行為の可能性と同じ響きだ。

『ニューズウィーク』誌の報道はこうだ:

元アリゾナ州知事候補のカリ・レイクは、火曜日に行われた同州の選挙における投票用紙スキャン問題について、オハイオ州務長官フランク・ラローズを非難した。

オハイオ州の有権者は、憲法改正案の可決基準を単純過半数から60%に引き上げる投票法案を決定することになっている。この法案が可決されれば、中絶の権利を州憲法に明記する修正案が今年後半に可決されることが難しくなる。

WEWS-TVのマイク・ホールデン記者によると、有権者が投票所に押し寄せるなか、アクロン郊外のカイヤホガ・フォールズのある投票所では、火曜日の朝、すべての投票用紙スキャナーがダウンし、投票ができなくなった。WEWS-TVのマイク・ホールデン記者によると、この問題は有権者の懸念を呼び起こしたが、関係者はこれらの投票は後日行われると述べた。

どこかで聞いたような・・?彼らはマリコパ郡の「選択」の脚本を参考にしたようだ。今日はオハイオ州の選挙日だが、機械は動かない。オハイオ州の州務長官は、選挙がスムーズに行われるようにするための仕事をする暇もないほど、別の役職に立候補するのに忙しかった。マリコパ郡の役人に選挙日を妨害させて、われわれ市民の意思を阻止したクソ野郎のことを思い出す」と彼女は書いた。

カリ・レイク氏の大胆な発言は賞賛に値するだけでなく、必要不可欠なものだ。

多くの人が見て見ぬふりを決め込んでいるように見えるこの世界で、レイク氏のような強いチャンピオンは、声高に主張することの力と重要性を私たちに思い起こさせてくれる。

彼女は政党を擁護しているのではなく、原則を擁護しているのだ。

すべてのアメリカ人は選挙制度を信頼するに値するという原則であり、それ以下は民主主義そのものに対する冒涜なのだ。

カリ・レイク氏に乾杯。この濁った政治水域における私たちの道標であり、すべての選挙における警戒と誠実さの重要性を私たちに思い出させてくれる。

引用:WLT Report

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00