Home 政治腐敗政治 腐敗臭漂う計画倒産?グランホルム・エネルギー長官と提携し、バイデン政権が宣伝する電気バス会社が破産申請

腐敗臭漂う計画倒産?グランホルム・エネルギー長官と提携し、バイデン政権が宣伝する電気バス会社が破産申請

by Jack World News

ジェニファー・グランホルム・エネルギー長官と関係のある電気バス会社が破産を申請した。

EV会社プロテラは月曜日に連邦破産法第11章の適用を申請した。

プロテラCEOのガレス・ジョイスによると、同社は “様々な市場とマクロ経済の逆風 “に直面し、”効率的に規模を拡大する”能力に影響を与えたという。

このEV企業は、2021年にジョー・バイデン大統領のいわゆる『インフラ計画』から税金を受け取っている。

さらに悪いことに、ジェニファー・グランホルム・エネルギー長官はプロテラに多額の投資をしており、ストックオプションで数百万ドルを稼いでいた。

バイデン大統領は2021年4月にプロテラの「バーチャルツアー」に参加し、EV企業を大々的に宣伝した。

カマラ・ハリス副大統領もプロテラ工場を宣伝し、見学した!

しかし、それは大きな偶然の一致にすぎない。バイデン政権によれば、利害の衝突はない。

「プロテラは、サウスカロライナとカリフォルニアの工場で600人の従業員を雇用している、アメリカを代表する電気バスメーカーであるため、その日のバーチャル訪問に選ばれた」と、バイデン氏の訪問について政権高官は語った。「グランホルム長官もエネルギー省も、プロテラ工場の選定には関与していない。

プロテラ社の株価は月曜日に急落した。

報道によると、2021年1月、バイデン政権が同社を大々的に宣伝していた頃、プロテラの評価額は16億ドルだった。

現在は3億6200万ドルである。

ロイター通信が報じた:

電気自動車部品サプライヤーのプロテラ(PTRA.O)は月曜日、連邦破産法第11条の適用を申請し、サプライチェーンの制約、需要の鈍化、資金不足に悩む業界で倒産する最新の企業となった。

この動きは、フォックスコンから約束された投資をめぐる争いを解決できなかったロードタウン・モーターズが破産保護を申請し、身売りを申し出てから数週間後のことである。

プロテラ社の株価は、取引終了後にほぼ半値となり、資産と負債を5億ドルから10億ドルの範囲にリストアップした。最終終値の時価総額は3億6200万ドル。

2021年1月、プロテラは白紙委任会社との合併取引で負債を含め16億ドルと評価された。

「様々な市場やマクロ経済の逆風に直面し、効率的に規模を拡大する能力に影響を及ぼしている」とガレス・ジョイスCEOは声明で述べた。

電気バスは危険で、非常にコストがかかる。

カリフォルニア州のある交通機関関係者は以前、プロテラ社製の電気バスがカリフォルニアの暑さで溶けていると述べた。

ある電気バスは充電中に発火し、交通局は電気バスは修理費が高すぎると述べた。

またひとつ、環境に優しい詐欺が煙に巻かれた。

引用:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00