Home 社会事件・事故・犯罪 ハワイ政府のさらなる嘘! なぜラハイナでは緊急サイレンが鳴らなかったのか?急に緊急事態責任者が辞任を発表

ハワイ政府のさらなる嘘! なぜラハイナでは緊急サイレンが鳴らなかったのか?急に緊急事態責任者が辞任を発表

by Jack World News

私がラハイナの多数の住民と交わした会話によれば、これは最も差し迫った疑問のひとつである。

危機が迫っているにもかかわらず、住民が何の警告も受けなかったために、数え切れないほどの命が失われたと、多くの人々が本気で信じているのだ。

そしてもちろん、サイレンが鳴り止まなかった理由についての説明が変わり続けているため、彼らは政府に騙されているのだ。

月曜日、ハワイ州知事のジョシュ・グリーン(民主党)は、サイレンはすべて壊れていたと言った。

しかし州は、そのサイレンを作動させようとした者は一人もいなかったと認めた。
非常に緊迫した記者会見で、レポーターがマウイ緊急事態管理庁の長官にサイレンを鳴らさなかったことを後悔しているかと質問した。

そしてもちろん、100人以上の死亡が確認され、1,000人以上が行方不明になっているにもかかわらず、彼は「サイレンは主に津波に使われるものだ」と付け加えた。

マウイ島のウェブサイトはこれに反発している: 「オールハザード・サイレン・システムは、津波、ハリケーン、ダム決壊、洪水、山火事、火山噴火、テロリストの脅威、危険物事故など、自然災害と人為的災害の両方に使用できます。とある。

州内には400のサイレンがあり、そのうちマウイ島には80のサイレンがあり、半径3,400フィートに121デシベルのサイレンが鳴り響く。多くの人が助かっただろう。

多くの人々が命を失い、愛する人を失い、文字通りすべてを失った。
しかし、彼らはいまだに選ばれた役人に騙されている。

もうこれは、犯罪なのでは?最低でも、過失致死的なレベルであり、まだ、未確定だが、この緊急対策の責任者が、今まで緊急事態に関することで、経験がなく、”ずぶの素人”だったという情報すらある。

これは発展途上であり、さらに更新される可能性があります。

更新:新着先ほど、緊急サイレンを鳴らさなかったことで、担当が辞任した。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00