Home 政治トランプ大統領 ジョージア州判事、トランプ氏が大統領に返り咲いた際に、裁判にかけられるかどうか確信が持てず

ジョージア州判事、トランプ氏が大統領に返り咲いた際に、裁判にかけられるかどうか確信が持てず

by Jack World News

ジョージア州フルトン郡でドナルド・トランプの裁判を監督している判事が今月初め、来年の大統領選挙で勝利した場合、彼の恐喝事件が裁かれる可能性について懸念を表明した。

ワシントン・エグザミナー紙によると、スコット・マカフィー高等法院判事は訴訟手続きの中で、「あなたの依頼人が2024年に当選した場合、2025年に裁判にかけられる可能性はありますか?」と質問したという。

マカフィー判事は、「ジョージア州の2020年選挙転覆事件におけるトランプとその共同被告からの訴追却下の申し立てをめぐって」質問を投げかけた、と同誌は報じている。

トランプ氏の代理人であり、8月にジョージア州で前大統領が起訴されて以来、この裁判に初めて出廷したスティーブ・サドー弁護士は、トランプ氏が来年の選挙で勝利した場合、4年の在任期間中は裁判にかけられないと考えていると主張した。

「それに対する答えは、最高法規と合衆国大統領としての職務の下では、彼が任期を終えるまでこの裁判は行われないということです」とサドーは答えた。

エクザミナー紙はさらにこう指摘した。もし判事がサドーの主張を認めたとすれば、トランプがジョー・バイデン大統領に勝利した場合、トランプのジョージア州での裁判は少なくとも2029年まで延期されることになる。しかし、裁判が延期されるのはトランプ氏だけで、サドー氏によれば、恐喝事件の他の共同被告にはそのような延期はないとのことである。

フルトン郡検察は、トランプと残り14人の共同被告に対する裁判を8月に開始するようマカフィーに要請しており、これが、金曜日に行われたマカフィーの質問の重要なトピックであった。判事は、少なくとも2024年初頭までは、具体的な公判期日を決める命令は出さないだろうと述べた。

とはいえ、起訴したフルトン郡のファニ・ウィリス地方検事は11月、トランプ氏の裁判は2024年の選挙を越え、2025年初頭まで伸びる可能性があると述べた。

「その場合、裁判が行われると思います。裁判には何カ月もかかると思います」とウィリスは火曜日、ワシントン・ポスト・ライブのグローバル女性サミットでのインタビューで語った。「そして、結論が出るのは2024年の冬か2025年のごく初期になると思います。」

この裁判の開始日はまだ発表されていない。トランプ氏は他の18人の共同被告とともに起訴され、うち4人はすでに司法取引に応じた。

トランプ氏の弁護団は、ニューヨーク、ワシントンD.C.、フロリダ、ジョージアでのさまざまな裁判を、2024年の選挙よりも後に実施させようとしている。しかし、ウィリス判事は今週の発言で、大統領選挙は、共和党の指名候補の筆頭であるトランプを起訴するかどうかの決定には関係ないと述べた。

「私は起訴する事件を決定する際、選挙期間や選挙シーズンを考慮することはありません。それらの事柄は計算には入りません。スケジュールに影響を与えるのは、法律のみです。 これが法律であり、これが事実です。そして事実は、彼らが法律に違反したことを示している。そして告発されるのです。

Axiosは、トランプ氏はすでに、スーパーチューズデーの予備選の時期である3月に始まる2つの刑事裁判の見通しに直面していると指摘した。

ウィリスは元大統領を告発したことで、極左の人々を含む多くの批判に直面している。

ロンドン在住のライター、アモス・バーシャドは『ジャコバン』誌に寄稿し、ウィリスが州のRICO法に基づいて起訴したドナルド・トランプ元大統領とアトランタを拠点とするラッパー2人を含むいくつかのケースを引用して、その主張を展開した。

“ドナルド・トランプを選挙破壊罪で起訴したことで知られるアトランタの検事ファニ・ウィリスは、ラッパーのヤング・サグが関与する別の注目度の高いRICO事件を利用して、彼女のイメージを高めようとしている。しかし、批評家たちは、彼女の人気が事件の不正を隠蔽していると言う。”

彼は、ラッパーのリル・デューク(本名マルティネス・アーノルド)が2022年5月9日にロサンゼルスからアトランタに飛び、長年の友人であり共同作業者であるスーパースターのラッパー、ヤング・サグ(本名ジェフリー・ウィリアムズ)の家に向かったと説明した。

その日のうちに警察はウィリアムズの自宅を急襲し、26人の男たちとともに2人を逮捕した。彼らは、ウィリアムズが創設したラップ・グループ兼レコード・レーベルであるYSLが犯罪組織であると主張するウィリスによって起訴された。「起訴状には、アーノルドのYSLへの参加は、不正影響腐敗組織法(RICO)違反に相当すると書かれていた。ジョージア州におけるRICO違反の刑罰は、5年から20年の懲役刑である」とバーシャドは書いている。

彼はこう付け加えた:

ウィリスは、YSL事件と同時に、ドナルド・トランプ前大統領を選挙破壊罪で訴追したRICO事件のおかげで、全国的に知られるようになった。『ワシントン・ポスト』紙は、トランプ事件におけるウィリスの行動が “民主主義を救う “と表現した。しかし、YSL事件を担当する弁護団によれば、ウィリスがトランプを追及したことで全米メディアに養護されている一方で、彼女の主張する法制度に巻き込まれた地元の人々、つまりアーノルドのような人々が被害を被ったままになっているという。

引用元:Conservative Brief

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00