Home 政治バイデン犯罪一家 ハンター・バイデンの片腕、企業との “橋渡し役”として1月に証言へ

ハンター・バイデンの片腕、企業との “橋渡し役”として1月に証言へ

by Jack World News

ハンター・バイデンの最も親しい仕事仲間の一人であるエリック・シュウェリンが、1月に開かれる下院監視委員会の非公開公聴会で証言することを、『ポスト』紙に対して認めた。

ハンター・バイデンの投資会社ローズモント・セネカ・パートナーズの社長として働いていた54歳のシュウェリンは、2023年11月9日に出頭するよう召喚状を出された。

ハンターが放棄したノートパソコンから送られたメールによると、シュウェリン氏はハンター・バイデン氏と父親のバイデン大統領双方の個人的な財務に深く関わっていた。

「シュウェリン氏は、バイデン一族、バイデン関係者、バイデン企業体と密接な働きをし、バイデン夫妻に数百万ドルを送金している”銀行口座へのアクセス “もそのひとつである。」と委員会が特定した。
委員会は召喚状の中で、シュウェリン氏の弁護士ウィリアム・ファラー氏に前述のように書いた。

この書簡は、ワシントンD.C.の高級住宅地グローバー・パークにある3ベッドルームのタウンハウスに住むシュウェリン氏と委員会との数ヶ月にわたる交渉の末に送られた。

公聴会が非公開であることから、7月に委員会で証言したハンター・バイデンのビジネスパートナー、デボン・アーチャーと同じような形式をとることが予想される。

この爆弾宣誓証言のニュースは、ハンター・バイデンが “贅沢な”ネオベイビー生活を送りながら140万ドルの税金を納めなかったという疑いで、新たな重罪と軽罪に問われたわずか数週間後のことである。

ハンターは最長で17年の禁固刑に処される可能性がある。

専門家によれば、バイデン一家の財政にいかに近かったかを考えれば、シュウェリンの証言は爆発的なものになる可能性があるという。

「彼はハンターのビジネスとジョーのキャッシュ・ポットの仲介役だった。彼はペーパーカンパニーを設立した。彼は現金の授受を行っていた。彼はどの金がどこに行ったか知っています」と、ハンター・バイデンのラップトップを研究した情報セキュリティ・コンサルタントのジム・ハンソン氏は言う。「もし決定的な証拠があるのなら、彼はそれを埋めたのです」

シュウェリンが具体的に何を話すかは不明だが、ジョー・バイデンが2011年から2019年の間、家族、そしてシュウェリンと密かに連絡を取り合うために電子メールの偽名を使ったという、今週下院歳入委員会から開示された情報に対して、議員たちが回答を求めることはほぼ確実だ。

ジョー・バイデンはシュヴェリンと327通の電子メールを送ったか、その当事者であった。

そのうち54通は、ジョー・バイデンとシュウェリンだけのものであった。

委員会は、シュウェリンが “世界中でマネーロンダリングを行うさまざまなペーパーカンパニー”の設計者であると非難している。

ハンター・バイデンとシュウェリンが初めて会ったのは、おそらく20年以上前、ビル・クリントン元大統領時代の商務省で働いていたときだろう。

ジョージ・W・ブッシュが大統領になると、ハンター・バイデンは民間部門に移り、父親の1988年の大統領選挙キャンペーンで頓挫したワシントンDCの弁護士、ウィリアム・オルデーカーとロビー活動会社を立ち上げた。

シュウェリンは2002年にこの会社のパートナーになった。

2009年6月、バイデンが副大統領に就任した直後、ハンター・バイデンは、元アバクロンビー&フィッチのモデルであるデヴォン・アーチャー、ケチャップ企業の後継者でジョン・ケリー氏の連れ子であるクリス・ハインツとともに投資会社ローズモント・セネカ・パートナーズを設立した。

シュウェリンが社長に就任し、ファンドはロシア、ルーマニア、ウクライナ、中国などで積極的に取引を進めた。

委員会は中国に強烈に注目し、特に、ハンター・バイデンが管理・投資するLLCであるハドソン・ウエストIIIと、アメリカの液化天然ガスを中国に販売しようとしている中国のエネルギー巨大企業CEFCとの2017年の取引に焦点を当てた。

当時オバマ大統領の下で副大統領の任期を終えたばかりだったバイデン大統領は、この取引に関与していたとコマー議員は昨年ポスト紙に語っている。

「これは中国がアメリカの(エネルギー)産業の所有権を買おうとしていることであり、国家安全保障上の脅威である。これは大きな問題であり、だからこそ私たちは、このホワイトハウスが危ういのではないかと懸念しているのです」とコマー議員は語った。

アーチャーやハインツとは異なり、シュウェリンはバイデン副大統領の周辺に深く入り込んでいたことが記録に残っている。

2010年11月17日、シュウェリンはホワイトハウス西翼でバイデンと面会した。訪問記録によれば、オバマ/バイデン時代に彼がホワイトハウスを訪問した数十件のうちのひとつである。

ジル・バイデンの元特別補佐官であるマーガレット・キャンベルは、2022年4月に『ポスト』紙にこう語っている。

ハンター・バイデンのノートパソコンにあったメールから、彼はバイデン副大統領(当時)の財務にもアクセスできたことがわかる。シュウェリンはジョー・バイデンの「デラウェア州税還付小切手」を扱い、2人は電話で話した。

「あなたのお父さんは(住宅ローンについて)私に電話をかけてきて、まもなく外出し、労働者の日まで本当に戻ってこないと言いました……。彼は将来の収入の可能性について、いくつかの肯定的なニュースを使うことができます」とシュウェリンはハンター・バイデンへの2010年7月の電子メールに書いた。

シュウェリンは3月にも監視委員会と会い、文書の提出について話し合った。委員会の民主党議員によると、シュウェリンはその時、”大統領の親族の事業の財務行為にバイデン大統領が関与していることは知らない “と主張したという。

7. あなたがハンター・バイデンとその家族のために設立したペーパー・カンパニーの目的は何でしたか?

8. ハンター・バイデンから彼の父親に渡った金額はいくらで、それはなぜですか?

引用元:New York Post

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00