Home 社会気候・環境問題 国連が世界の「気候政策」を決定する権限を要求

国連が世界の「気候政策」を決定する権限を要求

by Jack World News

国連は、選挙で選ばれたわけでもないグローバリスト組織の科学者たちが、世界の「気候政策」を主権国家に指図できるようにする権限を要求している。

国連の「気候変動に関する政府間パネル」の科学者たちが、世界経済フォーラム(WEF)の「ネット・ゼロ」アジェンダに各国政府が従うペースが遅いことに不満を表明したことを受けてのことだ。

IPCC報告書の主執筆者5人は、科学者に政策提言をする権利を与えるべきだとガーディアン紙に語った。

国連の科学者たちは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)に加盟する195カ国によるグリーンアジェンダ規制の実施を監督する新たな権限を与えられる可能性がある。

新たな権限が与えられれば、国連科学者は世界各国に対し、”ネット・ゼロ “に沿って化石燃料の “段階的削減 “を開始するよう要求できるようになるだろう。

国連の要求は、アラブ首長国連邦がCOP28開催国としての立場を利用して石油とガスの取引を計画していたことが明らかになった後に出された。

IPCCの副議長であり、2012年以来主執筆者を務めているソニア・セネヴィラトネ氏は、次のように述べた。

「ある時点で、政策立案者が設定した目標を達成したいのであれば、ある種の政策を実施する必要があると言う必要があります。」

「気候変動がますます悪化するにつれて、杓子定規になることなく、政策に即したものにすることが難しくなっているのです。」

科学者は化石燃料の削減や “段階的廃止”を求めることができるはずだ、と彼女は主張する。

IPCCの科学と現場での行動との食い違いは、「科学者として理解するのが非常に難しい。」

IPCCの3つの報告書の主執筆者であるGert-Jan Nabuursは、次のように述べた。

「IPCCの批判的、独立的、そして指導的な役割は、ますます明白ではなくなってきているようだ。」

「衰退するにつれて、各国はますます大きな影響力を行使しているようだ。」

著者にとっての問題は、「我々は政策的な規定ができないので、何をすべきかについて明確な声明を出すことができない」ことだ、と彼は言った。

Nabuursは、「5〜6年後には、メッセージは大きく変わっていないことがすでに分かっている。問題は依然として存在し、排出量は依然として増加し、影響の証拠が増え、2℃(産業革命前レベルを上回る暖房)以下にとどまろうとする時間が少なくなっているだろう」と、評価報告書を作成し続けることの価値に疑問を呈した。

国連は、2030年までに温室効果ガスの排出量が9%増加するとしている。

WEFの目標である、パリ協定に概説された、世界の暖房を1.5℃に抑えることを達成するためには、10年後までに排出量を43%削減する必要がある。

Slay Newsが報じたように、この「ネット・ゼロ」目標を達成するには75兆ドルの税金がかかることが分析で明らかになっている。

さらに、一般市民は生活の質を大幅に下げなければならない。

この目標を達成するためには、人々は旅行をやめ、肉の代わりに昆虫を使った「食品」を食べ、「泥小屋」に住み、自由とプライバシーを放棄し、生殖をやめ、「より大きな善」に貢献するために多額の税金を納める必要がある。

しかし、これらのルールはグローバル・エリートには適用されない。なぜなら、彼らは「気候危機」に対する「解決策」だからだ。

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00