Home 政治バイデン犯罪一家 ハンター・バイデン、共和党議員を「私を殺そうとしている」と非難

ハンター・バイデン、共和党議員を「私を殺そうとしている」と非難

by Jack World News

ハンター・バイデンが新たな同情キャンペーンを開始し、彼の犯罪を捜査している共和党が、実は彼を “殺そうとしている”とアメリカ国民に思わせようとしているのだ。

Foxニュースによると、民主党のジョー・バイデン大統領の息子、ハンター・バイデンは、金曜日にポッドキャスト「Moby Pod」に出演した際にこの主張を行った。

バイデン氏の出演は、彼が木曜日にカリフォルニア州で刑事起訴された後のことだった。

現職大統領の息子は9つの罪に問われている。 3つの重罪と6つの軽罪だ。

罪状はすべて租税犯罪である。

まっとうな司法制度が適用されるのであれば、これらの犯罪によって、ハンター・バイデンは最高で17年の懲役刑に直面することになる。

ハンター・バイデンの1時間に及ぶポッドキャスト出演のいくつかの部分は注目に値する。

ある場面で、彼は自分の批判者を “マザー*ァッカー”と呼んでいる。

バイデンは、彼が直面しているさまざまな起訴や捜査に言及し、こう言った。

「私がこの事態を乗り切る理由のひとつは–そして、私はこの事態をクリーンでシラフの状態で乗り切るつもりだ–、この “マザー*ァッカー”どもに、なぜ回復期の人々が決して大丈夫ではないのか、決して信頼されるべきでないのか、彼らはみな堕落しているのだという、もうひとつの例として私を利用させないつもりだからだ。

「そんなことはさせない。」

インタビューの別の場面でバイデンは、自分を調査している共和党議員は “健全な人間ではない “と主張した。

彼は続けて、議会委員会のリーダーたちは父の大統領職を傷つけるために彼を “殺そうとしている “と主張した。

「彼らは大統領職を破壊しようとしている。」

「そして、それは私のことだけではありません。」

「彼らの最も基本的なやり方で、彼らがやろうとしていることは、私を殺そうとすることだ。」

「このようにして大統領の座を破壊するのだ。」

大統領の息子はさらにドナルド・トランプ大統領に責任を押し付けた。

彼は、アメリカが直面している “根本的な病 “の責任はトランプ大統領にあると主張している。

ハンター・バイデンはこのインタビューに対して批判にさらされており、多くの人が、まるで自分以外のすべての人に責任を押し付けているように聞こえる、と指摘している。

一方で、直近の起訴を含め、この状況全体に対する懐疑的な見方も多い。

下院監視委員会委員長のジェームズ・コマー下院議員(共和党)は、バイデン一族のビジネスに関する議会調査の中心人物の一人であり、金曜日にこう語った。

「私たちは、もっと多くの犯罪があると考えている。私が懸念しているのは、ワイスがハンター・バイデンを起訴したのは、水曜日に下院監視委員会で証人喚問されることから彼を守るためではないかということだ。」

ハンター・バイデンは今週、議会で個人証言をすることになっている。

起訴前、彼と彼の弁護士はこの件から逃れようとしていた。

今、コマー氏らは、バイデンと彼の弁護士が、今回の起訴を利用して証言を避けようとする可能性が高いと見ている。

ハンター・バイデンに対する、この最新の起訴が正当なものなのか、それとも民主党の策略なのか。

いずれ判ることになるだろう。

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00