Home 経済アメリカ経済 カリフォルニアの “存続的 “財政危機は報道されているよりもはるかに深刻だと専門家が語る

カリフォルニアの “存続的 “財政危機は報道されているよりもはるかに深刻だと専門家が語る

by Jack World News

クリス・ストリート氏はカリフォルニアの財政状況を熟知している。 彼は10年以上にわたってカリフォルニア州の財政難に関する記事を書いてきた。 彼は2009年の大不況後、カリフォルニア州を財政難から脱却させる方法を考えるために選ばれた一握りの人物の一人であり、カリフォルニア州の財政状況を熟知している。

彼は以前から、州が報道されている以上に深刻な財政難に陥っていると警告してきた。 これが、ストリートが新カリフォルニア州を分割して設立した多くの理由のひとつである。

ストリートへの独占取材で、カリフォルニア州の財政状況について次のように語っている。

超党派のカリフォルニア州議会分析局は、カリフォルニア州のビジネスモデルが崩壊したことを認めた。LAOは、5月に今後2年間の赤字を140億ドルと予測したが、現在、カリフォルニア州は今後18ヶ月で1000億ドル、4年半で1870億ドルの赤字に直面すると予測している。

金融専門誌は、この厳しい警告を衝撃的なサプライズと呼んでいるが、カリフォルニア州を半分に分割しようとする新カリフォルニア州運動は、数年前から同様の予測を発表している。2018年以降、カリフォルニア州はタイムリーな監査済み財務諸表を発行できず、100万人以上の住民が州を去り、税率を引き上げた後に低い税金を徴収するなど、存亡の危機の警告が発せられている。

カリフォルニア州は2021年以降、970億ドルの予備費を11月末時点で約260億ドルにまで減らし、毎月40億ドルのキャッシュフローをマイナスにしている。リベラルなカリフォルニア州議会は最近、地方学区の予算予備費を最大3%(約10日分)に制限する法律も可決した。

危機を加速させている真犯人は、45年前、ロナルド・レーガン元知事をホワイトハウスに押し上げた「Proposition 13 の税反乱」によってカリフォルニアで始まったグローバリズム好況の終焉である。レーガン大統領は87%のキャピタルゲイン税率を27%に引き下げ、史上最大のベンチャーキャピタルブームを巻き起こした。

金融の大崩壊が近づいている。

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00