Home 政治戦争 イスラエル、レバノン南部ヒズボラとの戦争に備える

イスラエル、レバノン南部ヒズボラとの戦争に備える

by Jack World News

イスラエルは、イランの支援を受けたレバノン南部のテロ組織ヒズボラとの戦争に備えている。ヒズボラは、ハマスが10月7日にテロ攻撃を開始して以来、何度もイスラエルを攻撃しており、イスラエル北部の町の避難を余儀なくされている。

ヒズボラは、1週間の「一時停止」(正式な約束はしていない)を除いて、イスラエルの軍民標的に散発的に砲撃を加えている。イスラエルはヒズボラの砲撃源に発砲することで対応している。ヒズボラのロケット弾や無人機のほとんどはイスラエルの防空システムによって迎撃されるが、中には目標に命中するものもある。そうでないものでも、建物を破壊したり、農地や自然生息地を破壊して畑を放棄せざるを得ないような草木火災を引き起こしたりしている。

ブライトバート・ニュースが11月にレバノン国境を独占取材して報じたように、イスラエルはすでに国境沿いに部隊を配備し、国境付近の道路を厳重に警備し、突然の展開に備えて戦車のエンジンを稼働させている。

ツァチ・ハネグビ国家安全保障相は今週末、イスラエルのメディアに対し、国連安全保障理事会決議1701が要求しているように、外交がイランを説得し、国境から北に約18マイル離れたリタニ川にテロの代理人を戻すことに成功しない限り、戦争になる可能性が高いと語った。

「(ヒズボラの精鋭部隊である)ラドワン部隊が国境に居座ることは、もはや容認できない。決議1701が履行されないことは、もはや容認できない」と彼は付け加えた。これは、第二次レバノン戦争が終結した2006年の国連安全保障理事会決議で、イスラエルとの国境からほぼ30キロ以内にヒズボラが存在することを禁止するものである。」

北部で戦争が起こるかどうか直接問われ、ハネグビはこう答えた。 「北部の状況は変えなければなりません。そして、それは変わるだろう。ヒズボラが外交を通じて状況を変えることに同意するなら、それはとてもいいことだ。しかし、そうなるとは思えない。」

避難している地元住民は、ヒズボラが撤退しない限り、自分たちのコミュニティには戻らないと言っている。ヒズボラが攻撃すれば、10月7日にガザ近郊の大部分を占める農業コミュニティで起こったことが、自分たちにも起こるかもしれないと恐れているのだ。

タイムズ・オブ・イスラエル紙が月曜日に報じたところによると、元軍人指導者で現在はイスラエル野党の指導者であるベニー・ガンツ氏は、イスラエルの緊急国民統合政府の一員であるが、アントニー・ブリンケン米国務長官に対し、レバノンとの戦争はあり得ると語ったという。

米国は、東地中海に軍艦を派遣することで戦争の拡大を防ごうとし、ヒズボラの影響力にもかかわらず、レバノン国家を支えることに多大な投資をしてきた。しかし、ヒズボラを排除するための戦争は避けられないかもしれない。

もしそのような戦争が起これば、イスラエル北部の住民は防空壕で数週間を過ごすことになるかもしれないし、レバノンは大きな損害を被るだろう。

イスラエルは、ヒズボラが先に発砲したこと、そしてヒズボラの行動はそれに呼応したものであることに注意を払っている。

引用元:Breitbart News

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00