Home 生活コロナワクチン ブラジル、月齢6ヶ月以上の乳幼児へのCOVIDワクチン予防接種を義務化へ

ブラジル、月齢6ヶ月以上の乳幼児へのCOVIDワクチン予防接種を義務化へ

by Jack World News

ブラジル保健省は、生後6ヶ月から5歳までの小児を対象とした予防接種スケジュールに、武漢コロナウイルス(COVID-19)「ワクチン」を追加した。
報道によると、ブラジルの国家予防接種プログラム(PNI)は2024年から生後6ヶ月以上のすべての子供にCOVIDの予防接種を義務付ける予定である。

ブラジルのニシア・トリンダーデ保健相は、最近ブラジルの下院で行われた公聴会で懸念が表明されたにもかかわらず、新政策を擁護している。トリンダーデ大臣は、ワクチン未接種の子どもの家族は、2024年以降、福祉プログラム「ボルサ・ファミリア」からの支援を受けられなくなることを明らかにした。

報道によると、PNIは生後6カ月以上のすべての子どもにCOVID注射を3回打つことを義務づける。最初の2回は4週間間隔で投与され、3回目は2回目の投与から8週間後に投与される。

ブラジルの小児には、ファイザーのmRNA(modRNA)注射剤が、中国のコロナバック(Sinovac)注射剤と同様に利用できる主な製剤である。

メディアによれば、ブラジルの子どもたちにCOVIDの予防接種を義務づける決定は、”世界的な科学的証拠と、国内におけるこの病気による症例と死亡例の疫学的データに基づいて下された “という。

ブラジル、小児教育にCOVIDの接種を義務化へ

COVID-19ワクチンと医療暴政の展開中、ニュージーランド政府はTe Whatu Oraと呼ばれる公衆衛生機関を設立した。2022年7月1日、この機関は国内の20の地区保健委員会(DHB)に取って代わり、ニュージーランドの医療サービスの管理を事実上国営化した。新機関は8万人のDHBの労働力を統合し、年間200億NZドルの運営予算が割り当てられる。

保健省が医療政策、戦略、規制を策定する一方で、Te Whatu Oraは全国の医療提供者へのワクチン支払いシステムなどを担当している。

これらの機関は、人々の生活に対する絶大な権力を持ち、製薬業界内部の腐敗と金銭的に結びついており、政府の規制当局、政策立案者、そして説明責任を果たさないワクチン業界との間に回転ドアを提供している。この新しい政府機関は、ワクチン産業の隠蔽工作を行なっているのだろうか?いわゆる安全で効果的なワクチンによって、数え切れないほどの人々が傷つけられ、殺されているのにもかかわらず。

マキエル氏はさらに、2021年末時点ですでに「60カ国以上」が小児への接種を許可しており、ブラジルはそれに追いついただけだと述べ、義務化を擁護した。

「私たちはすでに、ワクチンの安全性と有効性を示す非常に確かな証拠を持っています。「ブラジルでは、COVID-19で毎日4,000人が亡くなっていました。現在では42人です。これがワクチンの有効性を示す最大の証拠です。」

別のブラジルのメディアによれば、ブラジルでは2022年に6ヶ月から5歳までの子供たちの間で1日1人の死亡が記録されたが、これはCOVIDが原因とみられている。

「ブラジル政府の提案は、生後6ヶ月から5歳までの年齢層をリスクグループとして、COVID-19の年1回のワクチン接種を義務化するものである。」

「PNIカレンダーにこのルールが追加されたことで、禁忌が明示された診断書がある場合を除き、このルールは義務化された。」

引用元:Natural News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00