Home 政治アメリカ政治 ケビン・マッカーシー氏、2024年にトランプ氏が勝利すれば「閣僚を務める意思がある」と発言

ケビン・マッカーシー氏、2024年にトランプ氏が勝利すれば「閣僚を務める意思がある」と発言

by Jack World News

ケビン・マッカーシー前下院議長(カリフォルニア州選出)は、ドナルド・トランプ大統領が2024年に再び米大統領選に勝利した場合、同大統領の内閣に入りたいと語った。

マッカーシーは新たなインタビューで、トランプ大統領からそのような役職のオファーがあれば受け入れると明かした。

世論調査によれば、トランプが2期目を勝ち取る可能性はますます高まっている。

しかし、トランプがマッカーシーに内閣の役職をオファーすることについては、それが現実の可能性なのかどうかは不明である。

マッカーシーの発言は、CBSニュースとの最近のインタビューで聞かれた質問に答えたものだ。

このインタビューは週末のCBSの『サンデーモーニング』で放映された。

インタビューのある時点で、インタビュアーのロバート・コスタはマッカーシーにトランプに関する一連の質問をした。

その質問には、2024年に共和党の大統領候補にトランプがなるとマッカーシーが考えているかどうか、もしそうなら、トランプは民主党のジョー・バイデン大統領に勝てるかどうか、などが含まれていた。

マッカーシーはどちらの質問にも肯定的に答えた。

続けて、トランプ大統領の再選を支持すると述べた。

「私は大統領を支持する」とマッカーシーは言った。

ここでコスタがマッカーシーに、”トランプ内閣で務める気があるか “と質問した。

マッカーシーは「適切なポジションであれば」と答えた。

「私がその仕事に最適な人間ならね。」

「しかし、私たちはお互いに非常に正直な関係でもある。」

マッカーシーとコスタのインタビューは、彼が最近議員を引退すると発表した後に行われた。

マッカーシーはウォール・ストリート・ジャーナル紙の論説でこう書いている。

「どんな困難があろうとも、個人的な犠牲があろうとも、私たちは正しいことをした。」

「最近のワシントンでは流行遅れに見えるかもしれないが、アメリカ国民のために結果を出すことは、今でも国中で称賛されている。」

「この精神に基づき、私は今年いっぱいで下院を去り、新たな形でアメリカに貢献することを決意した。」

マッカーシーは、自身の今後の計画についてはまだ明らかにしていない。

しかし、共和党政治で大きな役割を果たすつもりであることは明らかにした。

特に、共和党の新人政治家の勧誘や、新旧共和党議員への助言を続ける予定だ。

しかし、マッカーシーが具体的に何をするのかは不明である。

コスタがマッカーシーにトランプについて質問したのは間違いない。

しかし、マッカーシーはトランプを支持している。

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00