Home 政治米下院議会 米国下院、反シオニズムは反ユダヤ主義であるとする決議を可決

米国下院、反シオニズムは反ユダヤ主義であるとする決議を可決

by Jack World News

2023年12月5日、下院は、10月7日のハマスによるイスラエルへの凶悪な攻撃を受けて、米国および世界における「反ユダヤ主義の激増」を非難する決議案を可決した。この採決は民主党を二分し、多くの議員が共和党は「ユダヤ人の痛みを武器にしようとしている」と非難した。

下院議員311人が決議案に賛成し、14人が反対、92人が賛成した。決議案は、国際的なユダヤ人に対する下院の揺るぎない支持を再確認し、選挙で選ばれた議員や世界の指導者たちに反ユダヤ主義を訴えるよう促し、ユダヤ人に対するあらゆる形態の差別、嫌がらせ、憎悪、テロを断固として拒否し、「反シオニズムは反ユダヤ主義であることを明確かつ断固として表明」するものである。

賛成票を投じた92名の議員は、メリーランド州選出の民主党議員ジェイミー・ラスキンやニューヨーク州選出の下院議員ジェリー・ナドラーやダン・ゴールドマンといったユダヤ系民主党議員の圧力によって賛成票を投じた、

この3人の民主党議員は12月5日未明、この決議案を「共和党が安っぽい政治的得点を得るために、ユダヤ人の苦痛と反ユダヤ主義という深刻な問題を武器にしようとする最新の不真面目な試み」だと批判する声明を発表した。

同連合は、下院が前週にイスラエルの主権国家としての生存権を確認する決議を可決したことから、決議案は冗長であると主張する一方、12月5日の決議案は「ユダヤ教そのものの複雑さを考慮しておらず、ハシディック・ユダヤ運動であるサトマル派のようなニュアンスの異なる例を無視している。」

「多数派によるこうした政治的駆け引きを阻止するため、私たちは賛成票を投じ、決議案に対する実質的な見解にかかわらず、同僚議員たちにも同じように賛成票を投じるよう求めます」と彼らは付け加えた。

決議案に反対票を投じた民主党議員は以下の13名。ニュージャージー州選出のボニー・ワトソン・コールマン下院議員、ミシガン州選出のラシダ・トレイブ下院議員、マサチューセッツ州選出のアヤナ・プレスリー下院議員、ニューヨーク州選出のアレクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員、ペンシルベニア州選出のサマー・リー下院議員、アリゾナ州選出のラウル・グリハルバ下院議員、イリノイ州選出のヘスス・”チュス”・コルテス下院議員。ヘスス・”チュイ”・ガルシア下院議員、ジャマール・ボーマンニューヨーク下院議員、ゲリー・コノリーヴァージニア下院議員、コーリ・ブッシュミズーリ下院議員、プラミラ・ジャヤパルワシントン下院議員、デリア・ラミレスイリノイ下院議員、イルハン・オマルミネソタ下院議員。ケンタッキー州選出のトーマス・マッシー下院議員は、共和党で唯一この法案に反対した。

Big League Politicsでは以前、マッシー議員がDCの親シオニスト的傾向に反対していることを報じたが、これは称賛されるべきだ。ここで正直に言えば、この決議には何の歯止めもないが、イスラエル批判を違法とする第一歩である。このような措置には、憲法修正第1条を根拠に断固として反対すべきである。

イスラエルについて批判を免れるものは何もない。実際、米国のイスラエルとの「特別な関係」を批判することは理にかなっている。このような困難な時代に、私たちが最後にすべきことは、基本的な自由を捨てることである。

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00