Home 政治バイデン犯罪一家 国立公文書館、バイデン弾劾調査のため1799通の電子メールを下院共和党議員に引き渡す

国立公文書館、バイデン弾劾調査のため1799通の電子メールを下院共和党議員に引き渡す

by Jack World News

同社を調査していた当時のウクライナ検事総長ヴィクトル・ショーキンの調査を阻止するために、同社がハンターとジョー・バイデン両氏に金を支払ったという疑惑があったため

国立公文書記録管理局は、ジョー・バイデン大統領に対する弾劾調査の一環として、ジェームズ・コマー委員長の資料閲覧要求に応じるため、下院監視委員会に多くの記録を提供する。

その中には1,799通の電子メールと添付ファイルがあり、総ページ数は60,000ページを超えると『ワシントン・エグザミナー』紙は報じている。電子メールには、ウクライナとエネルギー企業「ブリズマ」に関わる、ジョー・バイデン副大統領(当時)と息子のハンターとのやり取りが含まれている。

その主な理由は、同社を調査していた当時のウクライナ検事総長ヴィクトル・ショーキンからの調査を押しとどめるために、同社がハンターとジョーの双方に金を支払ったという疑惑である。今年初め、機密の人的情報源に基づく疑惑のスキームを概説したFBIの機密文書が公開された。

ケビン・マッカーシー下院議長(当時)は9月、弾劾訴追の開始を発表した。しかし、マッカーシー下院議長は、共和党が今週実施すると見られている本会議での採決を実施することなく、弾劾訴追の開始を発表した。

引用元:Just The News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00