Home 政治アメリカ政治 下院共和党指導部、反発を受けFISA法案をいずれも撤回

下院共和党指導部、反発を受けFISA法案をいずれも撤回

by Jack World News

複数の議員が、1つの法案が優勢となる「丘の女王」戦術と呼ばれるものに不満を表明した

下院共和党指導部は、マイク・ジョンソン下院議長が監視法に関する2つの法案の提出を認めたことに対する反発に直面し、外国情報監視法改革に関する2つの法案を議場から撤回した。

下院規則委員会のメンバーであるトーマス・マッシー議員(共和党、キー州選出)は、月曜日の夜遅く、ワシントン・エグザミナー紙に対し、702条を改革する法案はどちらも今週は採決に付さないことを確認した。

共和党はFISA702条をどのように延長するかで意見が割れているため、ジョンソン氏は火曜日に両法案を提出し、最も票を集めた方を上院に進めるつもりだった。一方の法案「Protect Liberty and End Warrantless Surveillance Act」は下院司法委員会から、もう一方の法案「FISA Reform and Reauthorization Act of 2023」は下院情報特別委員会から提出された。

司法委員会のウォーレン・デビッドソン議員(オハイオ州選出)は、司法法案についてマイク・ターナー情報委員会委員長(オハイオ州選出)を「嘘つき」と非難したと伝えられている。

最終的に、複数の議員が、一つの法案が優勢になる「丘の女王」戦術と呼ばれるものに不満を表明し、ジョンソンに一つを選び、それを支持するよう求めた。

司法委員会のダレル・アイサ議員(共和党、カリフォルニア州選出)は、「前議長が、1つの法案を成立させるのに時間をかけ、正しい法案を成立させるのに時間をかけるべきだと言ったのは、とてもいい言葉だと思う」と語った。

引用元:Just The News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00