Home 政治魔女狩り裁判 元連邦検事、ウィリス検事のトランプ氏に対する「不可解な」動きを嘆く

元連邦検事、ウィリス検事のトランプ氏に対する「不可解な」動きを嘆く

by Jack World News

ジョージア州フルトン郡のファニ・ウィリス地方検事がドナルド・トランプ氏に対して行った「不可解な」法的措置について、元連邦検察官が語った。

これまでウィリスは、2020年の選挙結果を覆そうとした疑惑に関連する恐喝罪に関するトランプの裁判を2024年8月5日に予定していた。

『Newsweek』誌が報じたように、”元連邦検察官のジョイス・ヴァンスは、ウィリスが提案した8月5日の開始日は、トランプを裁判にかける機会が年内にあるかもしれないことを考えると、特にアイリーン・キャノン判事がフロリダのマール・ア・ラーゴ邸で機密文書をため込んだとされるトランプの裁判を遅らせるかもしれないことを考えると、「少し当惑している」と述べた。”

バンス氏は自身のブログ『Civil Discourse』で、フルトン郡のスコット・マカフィー判事がウィリス氏の8月5日の要求にどう対処するかを見守ると述べている。

「フロリダのアイリーン・キャノン判事は、5月の裁判日程にあまりこだわらない様子を見せているため、ジョージア州では早期の裁判日程が可能かもしれない。マール・ア・ラーゴ事件は単純で、裁判に数週間以上かかるとは考えにくい。マカフィー判事がいつ裁判を起こしたいのか、金曜日にわかるかもしれない。」

ウィリスは11月13日、ワシントン・ポスト紙の『Live’s Global Women’s Summit』で、トランプの裁判は選挙の日を超えても続くと考えていると語った。

「裁判は何カ月もかかると思います。そして、結論が出るのは冬か2025年のかなり早い時期になると思います」とウィリスは語った。「私は、裁判を起こすかどうかを決定する際に、選挙期間や選挙シーズンを考慮することはありません」。

来年の大統領選で勝利すれば、トランプは裁判を遅らせるか、あるいは自分自身を赦免するなどして、裁判をなくすためのさまざまな選択肢を持つことになる。また、連邦最高裁判所に対して、自分には免責特権があり、裁判は大統領としての職務を妨害していると主張することもできる、と『ニューズウィーク』誌は報じている。

ニューヨーク大学のスティーブン・ギラーズ法学教授は、同誌に対し、最高裁はおそらく彼が82歳で退任するまで裁判を延期する判決を下すだろうと語った。

「もちろん、トランプの多くのことと同様、判例がない。「しかし最高裁は、現職大統領に対するいかなる州の刑事訴追も、疑惑の犯罪がいつ発生したかにかかわらず、その任期が終わるまで延期するよう命じると思います」。

トランプ大統領の弁護団は、ニューヨーク、ワシントンD.C.、フロリダ、ジョージアでの様々な裁判を、2024年の選挙以降に進めようとしている。しかし、ポスト紙のイベントでの発言でウィリスは、大統領選挙は、共和党の指名候補の筆頭であるこの男を起訴するという決定には関係ないと述べた。

「私は起訴する事件を決定する際、選挙期間や選挙シーズンを考慮することはありません。「それは計算には入りません。計算に入れるのは、この法律です: これが法律です。これが事実です。そして事実が、あなたが法律に違反したことを示している。そして告発される。

Axiosは、トランプはすでに、スーパーチューズデーの予備選挙の頃、3月に始まる2つの刑事裁判の見通しに直面していると指摘した。

ウィリスは前大統領を告発したことで、極左の人々を含め、多くの批判にさらされている。そして前大統領自身は、2024年の選挙を妨害する手段として、彼女をはじめとする民主党の検察官やバイデン政権が前大統領を告発したと非難している。

引用元:Conservative Brief

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00